カテゴリー「無線機修理/リストア」の302件の記事

末永く大切に・・・

2020年9月13日 (日)

IC-PS35のN110 【CDS+ネオン管】は不要か?

しぶとく愛用しているIC-760PROの電源スイッチを押しても時々立ち上がらなくなってしまいました。内蔵されているのはIC-PS35で、IC-750A, IC-970などと共通なようです。過去にスイッチングトランジスターが破壊して交換はしています。

Ps35_04
一番怪しいのは多くの事例があるCDS+ネオン管で構成されたフォトカプラN110の不良です。
Ps35_05

とりあえず外してみることに。
Ps35_06

アルミ製の外円筒がすっぽ抜けました。確かにCDSとネオン管が抱き合わせてあります。
Ps35_02

ネオン管が点灯しなくなったのかとそのままスイッチONしてみると。。。。ちゃんと点灯します。どうやらCDS側が不良のようなので、外してCDSのみで光が当たると抵抗値が減少するかテストしてみたところ、明るいところに置くと確かに抵抗値が減少します。しかし、劣化して減少量が少なくなってONしない可能性もなきにしもあらず・・・です。

Facebookでいろいろと論議しているうちに、CDSをジャンパーしてもかまわないと書かれているサイトがあるよと教えていただきました。確かに、回路を何度見てどう考えても、ここでCDS+ネオン管で時定数を持たせる必要もなく、ここの電圧有無を検出する必要もなさそうに思えるのです。

ジャンパーしてやってみることに・・・。
Ps35_01

こわごわスイッチを入れたところ、正常に立ち上がりました。その後、何度もON/OFFしましたが立ち上げ失敗するということはなさそうです。このN110は何を意図しているのか、やっぱり理解できません・・・。せっかく苦労してここまで分解したので、簡単に交換できる電解コンデンサーは交換しておきました。

とりあえず、満身創痍の御老体IC-760PROですが、もう少しガンバってもらえそうです。

※当修理方法については責任を問えませんので、実施する場合自己責任で。

| | コメント (4)

2020年7月28日 (火)

T-599/R-599 トランシーブができない。

599_10

599ラインです。当機種は2017年にメンテを賜った機種で、その後また動作しなくなり2年間ずっとお待ちいただいたものです。
599_08

前回での修理でリレーをメンテしたのですが、また不具合になったのではとオーナー様が多数、中古のリレーを入手/同梱いただきました。この中からいちばん良さそうなものをチョイス。
599_06 

私もリレー系に不具合があると信じ込んで、リレードライブのPNP Trとリレーコイルの逆起電圧防止用のダイオード(なぜがゲルマニュームダイオードが使われていた)を念の為、もう少し容量の大きいものに交換しておきました。しかし、ここではなかったです。
599_04

599_05

スペアナと回らないアタマを駆使して2時間(!)、R-599側にT-599のVFO信号が届いていないことを発見、その理由は接続ケーブル内での断線でした。R-599/T-599の接続ケーブルは結構キツキツなので引っ張られてハンダのところで断線したようです。同様に受信信号をR-599側に渡す同軸もMコネ内部で断線していました。
599_01

メーターランプが切れています。ヒューズ型の特殊なものです。LED化も含めオーナー様と相談の結果、古い機種でもありそぐわないとのことでこのランプを探したところ・・・。
599_02

なんと!  968円/個もするのですが、この店しか入手できません。高額になりますがオーナー様から注文いただき当方へ送付いただきました。なお、T-599とR-599で電圧が異なるため注意が必要です。またAC駆動されていますのでLED化するにも工夫が必要です。
599_03

交換完了。

その他の動作を確認、エージングして完了としました。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

FT-747GX 周波数がふらつく

747_04

修理はお休みしているのですが、2年前休止する前に受付した方からメールがあり、お約束したこともあり引き受けけることとしました。実に2年以上も待っていただいたこと、申し訳ないのと、ぼろぼろな小生でも頼ってくれたということで。

FT-747GX、周波数がふらつくとのことです。これ以上削減する機能はないというぐらい不要な回路を取り払い、金属シャーシを使わない徹底的に低コスト化した無線機ですね。使い勝手が良いからとのオーナー様のご意見。確かにそうですよね。今の無線機、逆に徹底的に多機能にして分厚い取説、そして複雑な回路を売りとしていて、そういう機種でないと売れない時代となってしまいました。もうこういうシンプル・イブ・ベスト的な無線機って出てこないでしょう。

747_05

キャビネットを開けると、基板は3枚だけ。PA部はダイキャストケースに入れ込むといった具合の構造になっています。
747_06 747_07

いろいろとチェックしていると、リファレンス発振のトリマーと、BFOのトリマー、両方が接触不良になっていることに気が付きました。まずはこれを交換するために部品発注。
747_08

横から調整する形状のトリマーは入手困難なので、こういうカタチで取り付け。
交換後、全てを再調整してエージング24時間。大丈夫なことを確認しました。

747_09

バックライトの電球が切れています。
747_10
メーター照明はLED一つだとムラができるので2つとしました。
747_11 
完了です。
747_03
交換部品。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

修理受付中止と当ブログの今後に関して

ずいぶんと体調は良くなってきたのですが、まだまだ本調子に戻らないため修理受付を中止しておりますのでご了解願います。当ブログ記事に関する書き込みに対するレスポンスも返すことができません。

私が陥ってしまったのは「ベンゾジアゼピン離脱症候群」というもので、いわゆるマイナートランキライザーの長期服用で自律神経が侵され、地獄の日々が続いてました。もうダメだ生きていても仕方がないという猛烈な抑うつに襲われ、人間としてもう生きることができないと覚悟した時期もありました。「長期間服用しても安全ですよ」の医者の言葉に騙され1年間以上、苦しみに耐えなければならないハメになったということです。また、ベンゾジアゼピン離脱症候群を治療するにはベンゾジアゼピンしかないということも。

「早く良くなってください」のお言葉はご遠慮願います。
それが一番つらいのです。

当ブログもほったらかしなので、ずいぶんと雑草が生えて荒れ放題になりつつありますので、時期をみて閉鎖を考えています。ネットメディアでの情報発信は、全てFacebookやMeWeへの移行も視野に置いています。

| | コメント (7)

2018年5月 3日 (木)

修理の受付をしばらく中止致します。

いつもご来訪いただきありがとうございます。

体調不良のため、しばらくの間、修理の受付を停止させていただきますので、ご了解の程お願いします。なお、現在受け付け済分につきましては、順次対応させていただく予定です。

以上よろしくおねがいします。

JF3DRI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

TS-520X100W改 Sメーター振り切れる

520_00

久しぶりのTS-520X 100W改の修理依頼がありお預かりましました。Sメーターが振り切れて受信不能とのこと。その他、送信系もドライブ不足らしき症状があるとのことです。大切に使われていたようで、非常に美品です。

520_01

お預かりした520は、最も初期型で、ダイヤルスケール部の照明が付いていません。また、サブの目盛り板は、削りだしの分厚いものが付いています。このカタチは初めてです。

520_02

Sメーターが振り切れるとのことで、IF UNITのAGC系を、細かく診たのですが原因がわかりません。ただ、デュアルゲートMOS のバイアス電圧が低いのは確かです。
写真の通り、あちこち触ってありSメーター調整用のVRも交換してあります。

520_03

時々、受信できる時もあると症状に加えられていたので、あちこち軽くショックを与えていると、FIX.CH AVR UNITで一瞬感度が上がることを発見。バイアス用3.3Vを設定する交換されたトリマポテンションメーターが原因であることをようやく突き止めました。

520_04

ハンダ付けは問題ありません。しかし、原因であることは、間違いありません。

520_05

外してみてようやく・・・。
ごらんの通り、摺動電極がはんだ付けされておらず、巻き付けてあっただけで接触不良を起こしていたのです。
きっちりとハンダ付けし、元通りにしたところSメーターの振り切れはなく、受信が復活しました。

送信系も再調整したのですが、ハイバンドでドライブがかかりにくいのは確かなようです。12BY7Aを交換したりしたのですが改善せず、これは仕様なのかが良く分からなく、とりあえずは80W程度は出るので、これでOKと判断しました。ファイナルのS2001が劣化している可能性も。

古い機種に良かれと、手を加えむやみに部品交換すると、このように2次被害が発生し、修理をよけいややこしくすることは良くあることです。よって、当方は「交換しなくとも良い部品は極力交換しない」という方針でやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

FT-901DM 周波数ふらつき送信できず

901_00

FT-901DM 初期型、お預かりしました。

①周波数がふらついたり、飛んだりする。
②ヒューズが飛ぶことがある。


とのことです。①については、詳細な変動データーを事前に測定していただき、単なるVFOドリフトではないことを確認させていただきました。

<周波数のふらつき>

901_01

周波数が動いて、また元に戻ったり、すごく不安定なのを当方でも確認しました。VFOの電源系を調べていたのですが、RITスイッチに偶然触れると大きく動くことを発見、故障内容が見えました。RIT ON状態だと変動しません。
はい、RITスイッチの接触不良が原因でした。
<ヒューズが飛ぶことがある>

901_02

まずRECT A 基板を見ると・・・
派手に抵抗が焼損しています。この状況、以前にもありましたので、不具合個所はスグに理解できました。

炭化してもオープン状態にならなかったので被害がより大きく・・・。

901_03

はい、YAESUブランドのキャラメル型マイカコンデンサーのショートです。12BY7Aのプレート電圧300Vが、6146Bバイアス回路に流れ込んでこうなってしまったということです。

901_04

被害は、バイアス調整用半固定VRにも及んでいました。このカタチの大きい半固定抵抗は、入手が困難です。

さて・・・・。

901_05

手持ちのパーツボックスをかき回して、1個だけ見つけました。少し小さいけど、バイアス電流などを計算し、電力容量的には使えることを確認しました。

901_06

リード線の切れ端で延長し、取り付けました。

しかし、まだパワーが出ません。正確には1W程度出ているようですが・・・。
ドライブ回路を調べていくと12BY7Aのプレート電圧が、殆ど無いことが判明しました。

901_07

RECT C 基板を見ると・・・。
こちらの抵抗も派手に焼損してしまってます。ここまで被害が及んでいるとは当初思いもよりませんでした。

901_08

マイカコンデンサー絶縁不良が、抵抗4本、半固定抵抗1個を道連れに破壊してしまったという結論になりました。

ドライバー管12BY7Aは、プレート電圧が無くてスクリーングリッド電圧のみという、あってはならない状態(Sgが焼損してしまう可能性がある)で、不良の懸念もあったのですが大丈夫でした。

その他、28MHz帯の100W化、マーカー周波数の再調整、その他チェックを実施し、24時間エージングして完了としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

HL-1KFX ヒューズが飛ぶ

1kfx_00

THP HL-1KFX ヒューズが飛ぶとのことでお預かりしました。

事前に、内部に付いているDCヒューズは飛んでいない、そしてそのヒューズを外した状態であってもACヒューズが飛ぶことを確認いただき、電源回路に問題があると断定しました。

①トランスのレアショート
②ブリッジダイオードの破損
③スイッチやACインレットの問題


が考えられます。

1kfx_01

AC回路のチェックは結構難しいです。これ、何をやっているかと申しますと、トランスの一次側に、低い電圧AC 14Vを入れてどのような挙動をするかを診ているのです。ブリッジ整流後のDC電圧は、この状態でも出てきました。
しかし、ブーンとトランスが唸る。ワニグチクリップが発熱するぐらい電流が流れることを確認。となると①か②です。そこで、ブリッジへ接続されているトランス二次側を仮にオープンにすると、その異常な電流が流れません。これで、②のブリッジダイオード破損(ショート状態)はほぼ確定です。

1kfx_02

手持ちに、ちょうど同じ形状の1000V, 50A ブリッジがありましたので交換したところ、ばっちり治りました。
破損した方はテスターで診ても良くわかりませんでした。

ブリッジダイオードの破損は初めてです。
高価なPower MOSが壊れていなくて良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ミズホP-7DX 出力メーター振らず

P7_00

ミズホ P-7DX 7MHz QRP CWトランシーバー、パワーメーターが振らないとのことでお預かりしました。こんな機種があったのは全く知りませんでした。

P7_01

0.5W出力なのに、回路は本格的なものになっており、ピコ7に近いと言ったところでしょうか。

P7_02

P7_03

配線図を追って調べたところ、出力を検出するダイオードが不良っぽい。Sメーターと切り替え無しの巧妙な回路になっています。見た目ではわかりませんが、ピンセットで突いて、ルーペで拡大すると、割れていました。過去にもミズホ機であったような・・・。

ゲルマニウム・ダイオードも入手困難になってきましたね。手持ちのと交換し、メーター再調整することで正常となりました。


その他、一通り再調整しチェックしましたが大きくはズレでおらず良好でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

BR-200 状況悪化させたものを復旧

Br_00

ブログ更新の間隔が開いてしまいました。正月以降、体調を崩してしまい、現在も良くなく、修理がなかなか捗らないのと、修理不能でブログに掲載していないものも有ったからです。

受付リストで、お待ちいただいている方には申し訳ありませんが更にお時間をいただくこととなりそうです。

クラニシのアンテナ・アナライザーBR-200の修理依頼があり、お預かりしました。
それが、中を開けたところ・・・。

Br_02

Br_01

OPアンプを強引に上から交換し、それもハンダが浮いた状態、そして裏面はどこに繋がっていたかわからない宙ぶらりんの配線。明らかに弄った形跡があり、修理どころか余計悪化させて、訳がわからなくなってました。

オーナー様に聞くと、お知り合いに診てもらったとのこと。弄ってあるものは、修理受け付けない方針ですが、不可能かもしれないことを条件に診てみることとしました。

まずは発振しないので、全ての電圧をチェックしていくと、発振回路に入っているAGCが完全にOFFになっていてFETのソースが接地されない状態であることを突き止めました。MOS-FETを触ってみるとポロリと頭が落ちてしまいました。これも、弄ったためピンが劣化したためと思われます。仮に、ドレイン<->ソース間をショートさせると案の定発振を開始し、発振回路はこわれていないことをまずは確認。

Br_03

Br_03a

発振したのに、出力コネクターに信号が出てきません。SWRブリッジの50Ω抵抗が断線してました。原因はこの抵抗のみのようです。抵抗が断線する理由は、アンテナを接続したまま、他のバンドのアンテナから送信したことが考えられます。

7MHzのアンテナをアナライザに接続したまま、別に上げている21MHzで送信したとか・・・。この理由が理解できない方はアナライザの取扱いは十分注意ください。

50Ωの抵抗は無いため、51Ωの抵抗から選別して取り付けました。まぁ、そこまでしなくとも良さそうですが。

さて、発振はしたものの、全く動作しません。メーターは振り切ったまま。

Br_04

3日ぐらいかけて、何度も何度もチェックしたところ、ようやく発見しました。

OPアンプを交換しようと裏面からハンダ鏝を当てたんだが取れないため、基板パターンを破損してしまっていた。

Br_06

それでもまだ動作しません。また、何時間も費やしてイチから配線をチェックしたところ・・・。

・半固定抵抗が欠損していた。
・間違った配線をしいていた。

もうめちゃくちゃです。



一週間以上かけて、ようやく動作するところまでこぎつけました。

やはり他人が弄ったものは修理受け付けない方が良いと、つくづく思った次第です。

配線図からおかしなことをしてあった個所を記載しておきます。

Br_07


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧