カテゴリー「50MHz DX」の58件の記事

6m DXer(のつもり)なんで・・

2021年7月31日 (土)

2021年6m DXの総括

7月も今日で終わり。6mマルチホップEsによるDXも一部を除いてシーズン終了です。

FT8が出現して6m DXも一部の熱烈マニア向けだけではなく、誰でもHF並に・・という雰囲気になってきたとつくづく感じるようになりました。Dupe QSOは避けてますが、ワンシーズンで53エンティティ、他局の情報だと70エンティティ以上できたとのことですし。

6mdxcc2020
Newが9エンティティでログ上では、合計で6m DXCC 150に達しました。昨年までは、半導体アンプを使って250W程度で運用していたのですが、今年は暑い/ウルサイ/電気代大食らい三拍子の4-400Aアンプで免許いっぱいの500W運用したところ、明らかに応答率が良く、見えても届かなかった中近東の7Z, ODあたりをGetできたのでQROの効果は高かったです。

全般なコンデションも北米東海岸やヨーロッパの奥が複数回入感し、昨年同様に良かった気がします。

ただ、やっぱり6mDXは不安定で

T77c_1
こういう突然見えて、すっと消える、非常におしい/くやしい例にも何度も遭遇しました。



| | コメント (0)

2021年7月 3日 (土)

めったに開けない北米 東海岸Open

Usa_01
Usa_02
今朝、シーズン中1回あるか無いか、めったに開けない、北米東海岸が見えました。WAS未交信の州と併せてたくさんの局をデコードしたけ呼んでもど、信号が弱く届きません。そこで、強い局にターゲットを絞ることに。
K1tol
W3lpl
W3lpl_1

かろうじてK1TOL(メイン州)とコンテストで有名なW3LPL(メリーランド州)の2つをNewとしてGetできました。お互い、スーパーステーションですね。そのほか、CTコネチカット、DEデラウェア、NCノースカロライナも見えたのですが力及ばすでした。

6m WASはこれで 38 となりました。

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

6m EU Big Open!

Eu_10

50.313が満杯状態になったので、50.323でCQ出したら、呼んでくる呼んでくる!!

こんなの初めて。昨日は6mが20m化した日でした。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

144MHz FT8 でDX局と

強力なEsが出ると144MHzでも十分に反射してくれるんですね。
過去に上海のBA4SI局とSSBで交信経験ありますが、OpenしているとTwitterで情報を得てFT8をワッチしてみました。
144mhz
20分間ほどの間に、中国5局、台湾1局と交信成立。FT-991A 50W + アンテナは5/8GPですが、ガンガン入感してきて、ほぼ1回で応答がありました。50MHzより強い感じで高い周波数がEsが発生すると減衰が少なく飛んでくるような感触でした。

144mhz_1
PSKRで見るとこんな感じ。Openする頻度は少ないですが、結構飛ぶもんですね。

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

今年の6m マルチホップDX いろいろ

今年も、マルチホップEsによるDXが、ぼちぼち入ってますが、昨年ほどの良いコンデションではないようですね。

【◯月◯日 スペインEC4C】

Ec4c

50.313MHz FT8で見え、コールしていたEC4Cが突然 50.100 CW とアナウンス。レポートがマイナス一桁だったので、これはと思って。

FT8を見ていた数局がコール、私も久々にCWでDX QSOができました。SNR= -10dB以下だと厳しいですがちゃんとCWでも信号を確認できます。FT8が普及する前だったら、ここで一大パイルアップが発生することでしょうけど、誰もコールせず空振りCQ出してました。

【◯月△日 サウジアラビア7Z1SJ】

7z1sj_20210610104601
 
中近東地域はロケーション的にも悪いですし、向こう側のノイズ環境が良くないらしく相当強く入ってこないとCQ連発されることが多いのですがなんとか拾ってもらえました。Newで、1UP


【◯月✕日 スイスHB9FAR】

Hb9far

突然CQが見えたので反射的にクリックして送信、取ってもらえました。ここもNewで今季2UP目。たった2~3分しかまともにデコードしないことが結構あるので、マウス操作を鍛えておくのも必要かもしれない…。


【✕月✕日 驚異的に飛ばしているイタリアI6WJB】

I6wjb

まるでHF並、ほぼEU全体に。さぞかしQRMが多いでしょうね。中近東はQRN, EuはQRMを打ち破るパワーを持って呼ばないと返ってこないことが伺えます。

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

160m WACが届いた

160_wac1 160_wac2

JARLにオンラインで申請して1ヶ月、160m WACが届きました。

160_wac3

こちらは1990/1991年に取得した6m SSB/CW WAC 、なんか色あせてしまってますが。
電離層反射を使っての交信できるWACの上限と下限をCFMできたことりなります。

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

2020年6m DX交信状況のまとめ

例年になくコンデションが良かった今年の6m マルチホップEsによるDX交信。5月15日から始まって8月初旬に近場を除いて終了しました。そのまとめが下の表です。実に50エンティティ近く入感したことになります。近場のBV, YB, DUあたりは入っても呼んでいなかったし、dupe交信は避けているので更に多かったかもわかりません。New Entity はプラス10となりました。(赤字のところね)
2020_6mdx

今年は特筆すると、ドーバー海峡越えとのコンデションが良かったように思います。GD, GJあたりも見えましたが交信に至らず・・・。その他、HB9, 4O あたりが来年に期待できそうなところ。今年がJAから1st everだったアフリカ中部やSUもできませんでしたが入感して驚いたところでした。

設備的には9ele ⇒7eleのダウングレードしたのですが、ほとんど引け目がわからずで「7eleでも十分できるじゃないの」という感触でした。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

WAZアワード状況

Waz

このアワードもモノバンドで追っかけるとキリが無いので、とりあえずはMixで完成しヨシとしました。最後に残ったのはZone2、ここが難関ですね。2018年に VA2RC Zone2 交信して完成していたのですが、彼はZone5に引っ越したようでLoTWが空欄になってしまいました。紙QSLを請求すればそれでOKなのですが、めんどうなので新しく探すこととしようやく、つい先日 VE2CSI と20m FT8との交信で40ゾーン完成しました。DigitalがZone 34を残すのみとなりましたので次のささやかな目標として探そうと考えてます。

WAZアワードは申請しても1年以上待たされるとのことなので申請するかどうかもわかりません。

 

| | コメント (2)

2020年7月12日 (日)

WASアワード状況

LoTWでDXCCと共にWAS, WAZが自動的に集計されるようになりましたが、デジタルモードFT8を使うようになって20m WASは、約半年で完成することができています。全てベアフット100W, アンテナは年代物のTA-33です。
Was_01
WSJT-XなりJTDXを使う場合、JTAlertという強力なサポートソフトがあり、開けている時に欲しいQSOしていない州を登録しておくことで一度にたくさんデーコードされても「♫Wanted State !」と喋ってくれるので、難易度を一気に落とした気がします。

最後に残ったのは、皆が苦労する「DE : Delaware」でした。

また、完成はしていません(することは無いと思う)が、主力の6mでは、上表の通り36州で中身は下図・・・。

Was_6m


WASで難しいのは、東海岸で緯度の高いところと、ND, SDなどアマチュア人口が少ない地域になりますが、50MHzでは顕著になりますね。また、東日本と西日本でもずいぶんと異なるようです。NY州(ニューヨーク州)ができたのは、実は本日7月12日で、この地域は40年やっていて初めてになります。RI, CTも見えたのですが東日本の局に勝つことはできませんでした。カナダのQC/ON州はできたのですが。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

今年の6mDX状況

50mhz2 

久しぶりの更新になります。体調はイマイチですがFT8はクリックするだけなので、結構やっています。今年は、例年になく6m マルチホップEsのコンデションが良いようです。

できたところをつらつらと書きつづっていきます。

・5月16日 A92HK A92GE TA7OM
Ta7om
この日だけで3年ぶりにNewが2つ増えました。

・5月18日 UY7QN SP2WKB DL5ME LZ2NW LZ3CQ

Lz3cq

良く見えた日でした。

・5月20日 F5BZB

F5bzb

73が受信できない、ちょっと怪しいQSOでしたがLoTWでCFM フランスが多数の日でした。FはFT8ではNewだったみたいです。

・5月21日 朝からW0VTT KC0CF  午後からA71EM

A71em

A71EMはNewでした。今年3つ目。 偶数と奇数でA71AM, A71EMの両局が出ていたので混乱状態の中、取ってもらえました。

・5月22日 YO6BHN 
・5月23日 S59A DL1YM DK8NE

断片的にですが、開いてました。DL1YM松永さんはQSO済なのですが突然強力に入ってきたのでコールしました。

・5月23日のおまけ。 144MHz R0CM

R0cm
144MHz ESでロシアが入っているとのことでワッチしたら見えてました。5/8GPでバリバリに強かったです。とりあえずはNew

・5月25日 HA1RB
・5月30日 PC5C
・5月31日 昼にVE6WQ VA6ZO

Va6dx_1

5月31日は珍しく午後からアラスカからVEの中間あたりのOPENがありました。VA6DXがとんでもない強さで見えたのですが、できませんでした。

・6月4日  朝W4DXX WA4CQG AK4QR W5ZN W0LGQ

Na

USAがワンシーケンスでなんと20局もデコードするという開けっぷりでした。ワンエリアではこの日だけで40局やったという局も。ジョージア州、アラバマ州、フロリダ州あたりのOpen。

・6月4日 午後 OH1LEU GM3SEK OH1MRR
Gm3sek

午後からOH近辺がOpen, OH0Z も良く入っていたができず。GM3SEKスコットランドが怪しいQSOでしたがログインされていてLoTWでCFMでき、4つ目のNewでした。ドーバー海峡超えは久しぶり。

アンテナが台風で破壊され9ele ⇒ 7ele とダウングレードになってますが、そんなに悪くなったとも思えない感触です。Newの4つは全てLoTWでCFMできており、6m DXCC 134/134 となりました。夏至はまだ先なのでまだ期待できますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧