2020年12月31日 (木)

DXCC その後の増加具合

Dxcc_2020

         設置前 11/25 12/31
・40m  90  ⇒ 100  ⇒ 108
・30m  62  ⇒  96   ⇒ 105
・17m  55  ⇒  72   ⇒  86

30m BANDでDXCCが完成しました。17mはもう少しですね。やっぱり短縮ダイポールであれ、20mHiまで持ち上げるとそれなりに飛ぶようです。
来年は、コンデションにもよりますが10mをマジメに運用してみようかとも。紙QSLを入れると10m DXCCは間違いなく完成しているとは思うのですが、仕切り直しって感じで。

一方、ローバンド160mは1840kHzがJAに開放になったことで、100Wだと潰されて全くDXができなくなり放置状態。バンド開放も良し悪しです。当局としては1908<->1840のスプリット時代が遥かに良かったです。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

古いKuバンドLNBを発掘

仕事で少しかじっていたKuバンド(衛星放送)用LNB(Low Noise Block down convertor) を発掘しました。まだHEMTが無い古い時代のものです。
Lnb_8
Lnb_7 Lnb_9 Lnb_10

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

ファイナルが飛んだ2mリニア LA-2065R、別トランジスタに

2m_amp0

パワーが全く出ないというダイワの2mアンプ、LA-2065Rをいただきました。
2m_amp1

バイアスのVRを触っても全くIcが変化しません。石 (2SC3147) が壊れています。
さて、同じ型名の石、当然ながら手持ちはありません。パーツ箱に少し規格が大きい 2SC2782 があったので、装換してみることにしました。
2m_amp3
 

外します。簡単なようで、ちょっと半田付けテクニックが必要です。
2m_amp4

そのまま交換してテストしましたが、全く増幅しません。ダメかなと思いつつも異なる石なのでマッチングが取れていないと察知。LCじゃなくで、マイクロストリップラインなので果たしてうまくいくか、マッチング用のCを弄ってみることに。
2m_amp5
カット&トライで数時間を費やしてなんとか追い込むことができました。
2m_amp6
2SC2782 は規格からすると2SC3147より上であり80Wあたりまで引っ張ることができるのですが、このアンプ、電源コードが細い、ヒューズが8A、使用部品もイマイチなので、これ以上出すことは無理だと判断しました。
2m_amp7
弄ったのは、赤丸で囲んだコンデンサです。

バイポーラーの石は入手できなくなってしまいました。三菱のRD70HVF1あたりを使ってみるのも面白いかも。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

1200MHz機の豚のしっぽは交換するほうが良い

Cable
手持ちのIC-2500、豚のしっぽが付いたアンテナ端子のNJがどうも劣化しているようで、送信時に触るとパワーが変化するしどうも不安定。
Cable_1
反対側はカシメを行った金具で固定してあり、この部分を交換すべく探すこととしたのですが、なかなか見つかりません。

Facebookで「持っているひといませんかぁ~」と問い合わせたところ、業務機の同様のものがあるので譲ってあげるとの申し出がありました。
ちなみに、メーカー在庫も無いとのこと。

Ic2500_3
いただいたものは、こんな感じ。
Ic2500_1
残念ながら金具の向きが逆。
Ic2500_2
仕方ないので、金具の無いほうを取り付けて引っ張っても根本に力が加わらないよう、針金(UEW線ですが)で放熱板に括り付ける処理としました。

この交換で、驚いたことに感度が思った以上に良くなり、今までアクセスできなかったレピーターにアクセスできるようになりました。同軸が潰れていたのかもしれませんね。1200MHz帯は、非常にシビアでコネクターの取り付けが悪かったり些細なことでロスを生じます。何か飛びが悪いと感じたら、この「豚のしっぽ」を交換するのも良いかも・・・
(入手が難しいですが)

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

RDPを揚げてからのDXCCアワード状況

FT8のみの運用ですが、とりあえずはLoTWのみで40m 100Entityを達成し、5B DXCCは10mのみとなりました。
Dxcc_04

しかし・・・アンテナを揚げる前と後でのDXCC増加具合は下記の通りで40mの伸びが悪いです。
(すべて100W運用)

         設置前 設置後
・40m  90  ⇒ 100 +10up
・30m  62  ⇒  96    +34up
・17m  55  ⇒  72    +17up

※12mは、ほとんど出ていないので今回は除外。
40m FT8はいつも大混雑しており、尻切れになったり一桁S/Nで来ているにもかかわらずコールしても完全無視されることが多く、アンテナだけの問題ではないようです。一方、30mは非常に良く飛ぶ感じで、あと数日でDXCC完成しそうな勢い。

ハイバンドのコンデションがぼちぼち上昇し、10mでも南米が見えたりしているので、注力していきたいと。

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

8D-SFA-LiteへNPコネクターの取り付けなど

今回、アンテナの新調と共に同軸ケーブルも一部交換しました。8D-SFA-Liteを6mと23cmに採用。

8dsfa_10

8dsfa_11

バックがごちゃごちゃとウルサイ写真になってしまいましたが、こんな感じで取り付けています。SFAケーブルは銅箔を使っているので、その処理がポイントかな。あくまで自己流ですが。

当局のアンテナシステムに使っている同軸は下記の通りです。

・160/80m SLOPER     5D-FB
・40/30/17/12m RDP  8D-FB + 8D-2V
・20/15/10m  TA-33    8D-FB + 5D-FB
・6m 7ele YAGI           8D-SFA-Lite + 8D-FB
・2m/70cm  GP           8D-FB
・23cm       GP            8D-SFA-Lite

+になっているのは、マストベアリングのところは可動するため、Liteケーブルはアルミクラッドのため使えないから中継しているから。

23cm(1200MHz)は10D-FBの外観劣化が激しいので8D-SFA-Liteに交換しました。

Doujiku

併せてローテーター用6芯ケーブルも外観的に傷んでいたので交換しましたが30年以上使っているのに中身はほとんど劣化してませんでした。


| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

nanoVNAによる複数アンテナの結合度測定

1本のタワーに複数のアンテナを揚げるのは通常のことですが、バンドが異なっていてもその結合度がどうなのか気になったので、nanoVNAで測定してみました。

※本測定値は正しくない可能性もありますので、あくまで参考値としてみていただきたく。

Kesu_4

測定してみたのは7/10/18/24MHz RDP RN4MCXと14/21/28MHzトライバンダーTA-33と、同RDPと8mほど下に張ってある7MHz 逆Vです。

【RN4MCXとTA-33】
Kesu_01
スパンを1MHz~30MHzに設定しS21を見たところ、みごとに共振しているバンド全てに対してピークが現れました。28MHzを除いて、20dB以上の結合度があるので、大きな影響は無いと判断しました。


【RN4MCXと7MHz 逆V】
Kesu_2
7MHz付近の拡大
Kesu_3
さすがに同一バンドなので、15dBと結合度が高く片方のアンテナで100W送信すると、もう片方のアンテナに2W以上が誘起されてしまうことになります。もし、500Wだと10W(!) 無線機がつながっていたらヒューズランプが切れるとか初段が壊れるとかの事故が起こりかねないです。

1本のタワー上に複数アンテナを揚げた場合、片方のSWRが落ちなくなるという事例をよく聞くきますが、具体的に測定した例って少ないように思うのでやってみました。TA-33とRDPは同一方向に設置してますが、これがブームと平行な方向にしたり、45度にしたりすると結合度が変化するのか。。。など、まだまだ実験してみる価値ありそうです。




| | コメント (2)

2020年11月 3日 (火)

ミニマルチのRDP RN4MCXのSWR特性

設置した4バンドのRDP RN4MCXの特性をnano VNAで測定してみました。

まず、当初の失敗を。
ミニマルチアンテナは全モデル、バランが付いていませんが、付ける必要があるかどうかをfacebookのグループで聞いてみたところ「必要だ、つけないとSWRが落ちない」という意見と「付けるとSWRが落ちなくなった」とに別れました。とりあえず、ナガラのBL-8Kを格安で譲ってもらったので付けてみることに。

施工はこんな感じになりました。これが失敗。
Ant_4
この状態だと、全バンド、共振点(SWR最良点)が大幅に下側にズレてしまいました。バランから給電点までの引き回しが長いためだと気が付きました。そこで・・・。
Balunn
ツイストし、この部分を伝送線路とし、給電点まで最短で接続できるようにとやってみたところ、7MHzで20kHz程度上がってバンド内に収まりました。給電点のL成分は、大きく影響するようです。最近のRDPは、ここにコイルが入ったマッチングボックス内でリレーを切り替えて帯域をカバーするようになっているようですし。
Ant_all
まずは、5MHz~30MHzのスパンで。ちゃんと4バンド、ディップ点が出ています。

バンド毎に拡大すると下記の通り・・・。
※全てシャック側(同軸がつながった先端)での測定値です。
Ant_7m
Ant_10m
Ant_18m
Ant_24m

測定値を表にまとめると・・・
Swr_list
まだ全体的に下側にズレていますが、4バンド欲張りアンテナなので、こんなものかなと思っています。SWR計での測定値とも少し異なりますが、7MHzを除いて調整する箇所が無いので仕方ありません。

FT8をぼちぼち運用してますが、逆V(7MHz), GP (WARCバンド)と比較して遥かに良好です。



 

| | コメント (2)

2020年10月30日 (金)

ミニマルチのRDP RN4MCXを設置

HF帯はあまり真剣にQRVしていませんが、せめて5B DXCCを完成したいとかねてから考えていました。ハイバンドはTA-33があるし、コンデションさえ上がればできそうなのですが40mバンドが12m高の逆Vなためか90エンティティからFT8を使っても一向に増えなくなってしまいました。そこで、ローカル局からミニマルチのRN4MCXという、40/30/17/12mが出られるという欲張りなローターリーダイポールを譲ってもらうことになりました。
Rdp_1

キャパシティハットが付いた短縮率が大きいモノです。そして非常に重いです。
Rdp_4

一人でちまちまと数日かけで、ここまで施工したのですが、これを水平にしようとしたところで体力的にも気力的にも力尽き果てました。一人では、無理だと。
Ant
ローカルさんのプロに助っ人いただくこととしました。私は、下でロープの引っ張り役。
Ant_2
Ant_3
さすがは若い衆。2時間以内で施工完了させてしまいました。還暦も過ぎて自分の体力低下を思い知らされた次第です。
結果はこれからですが、SWRボトム値が全バンド共に下にズレており、どうしようか考え中です。次回は、Nano VNAでの測定結果をレポートしたいと思っています。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

IC-PS35のN110 【CDS+ネオン管】は不要か?

しぶとく愛用しているIC-760PROの電源スイッチを押しても時々立ち上がらなくなってしまいました。内蔵されているのはIC-PS35で、IC-750A, IC-970などと共通なようです。過去にスイッチングトランジスターが破壊して交換はしています。

Ps35_04
一番怪しいのは多くの事例があるCDS+ネオン管で構成されたフォトカプラN110の不良です。
Ps35_05

とりあえず外してみることに。
Ps35_06

アルミ製の外円筒がすっぽ抜けました。確かにCDSとネオン管が抱き合わせてあります。
Ps35_02

ネオン管が点灯しなくなったのかとそのままスイッチONしてみると。。。。ちゃんと点灯します。どうやらCDS側が不良のようなので、外してCDSのみで光が当たると抵抗値が減少するかテストしてみたところ、明るいところに置くと確かに抵抗値が減少します。しかし、劣化して減少量が少なくなってONしない可能性もなきにしもあらず・・・です。

Facebookでいろいろと論議しているうちに、CDSをジャンパーしてもかまわないと書かれているサイトがあるよと教えていただきました。確かに、回路を何度見てどう考えても、ここでCDS+ネオン管で時定数を持たせる必要もなく、ここの電圧有無を検出する必要もなさそうに思えるのです。

ジャンパーしてやってみることに・・・。
Ps35_01

こわごわスイッチを入れたところ、正常に立ち上がりました。その後、何度もON/OFFしましたが立ち上げ失敗するということはなさそうです。このN110は何を意図しているのか、やっぱり理解できません・・・。せっかく苦労してここまで分解したので、簡単に交換できる電解コンデンサーは交換しておきました。

とりあえず、満身創痍の御老体IC-760PROですが、もう少しガンバってもらえそうです。

※当修理方法については責任を問えませんので、実施する場合自己責任で。

| | コメント (4)

«スペアナ R3361C の修理