カテゴリー「測定器」の31件の記事

ジャン測マニアじゃないけど・・

2017年1月 2日 (月)

ワンチップマイコンPICに足をつっこむ

Cnt_01
ひさびさの修理記事ではない書き込みです。
aliexpressでDIY Kits RF 1Hz-50MHz Crystal Oscillator Frequency Counter Meter Digital LED tester meterなるものが安価に販売されているので、購入してみた。これは秋月電子で販売されているものと全く同じようです。30分ほどで組み立てて水晶を入れてみると、一発で動作しました。

Cnt_02

周波数カウンターとしても使えます。しかし、プリアンプが付いていないので別基板で自作。測定してみると、70MHz程度までカウントしました。


Cnt_00

Pic


このキットはPIC16F628Aが使われており、意を決してプログラミングに挑戦してみることに。60歳も間際なアタマの硬いワタシにできるもんやらと・・・。

Pickit3のクローンを購入、MPLAB IDEをダウンロードし動かせてみました。

このキットはDL4YHFが開発したプログラムが搭載されていることが分かっており、それを6桁に変更したF8FIIへと、さらにゼロブランキングができるようにするのが目的です。

Counter6

アセンブラーと格闘すること数日。Facebookで詳しい方とやりとりしてようやくゼロブランキングできようになりました。
50回ぐらいは書き込みしたでしょうか・・・。

※(注意)右のコーディングは誤っています。


それで最終的にやりたかったのはコレ、うまくいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

クラニシ ロケーション・アナライザLA-300 修理

La_00_3

クラニシ ロケーション・アナライザLA-300という測定器の修理依頼。電源が入らないとのこと。初めて見るもので、内部がどのような回路になっているか、全くわからず、配線図も見つからないので修理できないかもしれないことを承知いただいた上でお預かりしました。

ちなみに、アマチュア無線で使っているのではなく、ある仕事で使用されているプロの方からです。

La_01

まず、分解、目視で気がついたのは、電池の液モレです。これでは電源が供給されません。仕事で使ってらっしゃるのでフォルダーごと、交換しようと探したのですが、微妙にネジ止め穴が異なり、洗浄・ハンダによる導通で対応しました。

La_03

動作するようになったものの、不安定。原因は、各種スイッチの接触不良。中を開けると写真のように、手作り感満載で、うまく分解することができず、隙間からなんとか接点復活材を入れ、スイッチ類は接触不良が無くなりました。

La_04

La_05

最終動作チェック。この測定器は「高感度な周波数カウンター+RFレベルメーター」ということのようですね。入力にディップメーターを近づけるだけで、カウンターと信号レベルを見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

クラニシ BR-510D 修理

Br510_00

クラニシのアナテナアナライザー BR-510D 強い静電気が掛かり、UHF帯は動作するがHF~VHF帯が動作しなくなったとのことでお預かりしました。もしデジタル回路が故障していたら、修理不能という条件付きで。
クラニシも倒産して、修理不可能なんですね。


Br510_02

周波数カウンタがでたらめな表示をしているので、発振していないと判断。そこで、手持ちの自作ディップメータを発振させて、基板に近づけてみると・・・カウントが始まりメーターも振れました発振回路の故障と断定です。


Br510_04

中身は基板が別れており、結構複雑な回路となっています。
写真は、発振回路の基板。ここの何かが不良となっていることは間違いありません。


Br510_03

Br510_05


簡略化された配線図はネットで見つけましたが、デジタル部分を大幅に削除してあるようです。また、UHF帯の発振回路も記述がありません。
それでも、HF~VHF帯発振回路はその通りだったので、重点的に調べると、矢印で示した 2SK998 というJ-FETゲート・ソース間がショート状態になっていました。
このFETは、ネットで探しましたが入手困難です。そこで、規格を調べると自作派には定石 J-310 が近いことがわかり、3本共交換することとしました。

結果は思った通り、発振を開始しメーターが勢い良く振れました。しかし、微妙に特性が異なるせいか、周波数を可変していくと上端と下端で発振停止していまうレンジが見つかりました。それでも、150MHz以上がダメとかであり、アマチュア無線の各周波数帯は全てカバーしており、問題ないと判断しました。

Br510_06

サービスマニュアルが無いので、校正法がわからずそのままとしましたが、75Ωの終端を付けてみると、ちゃんとSWR=1.5 ( 75/50 = 1.5 ) を示し、完了としました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

ニキシー管カウンターの修理・・・(ゲートタイム10秒修復)

苦労しましたが、10秒のゲートタイムはなんとか修復できました。SSGから50MHzを入れてカウントしているところです。これで、0.1Hzの桁まで測定できることになりました。0.1Hzは、アナログオシロで捕らえることが困難なので、テスターの針で見ています・・・
(修理内容はつづきをどうぞ・・・)


続きを読む "ニキシー管カウンターの修理・・・(ゲートタイム10秒修復)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

ニキシー管カウンターの修理・・・(1)

Coun_12

 水島OMのアドバイスで、ゲートタイム10Hzを修復することができました。ゲートタイム1HzもOK・・・でも、0.1Hz (10秒)が、ダメで、入力感度が悪い点も含め、まだ不具合は残っています。


続きを読む "ニキシー管カウンターの修理・・・(1)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

ニキシー管カウンターの修理

Coun_10

 骨董品のカウンター、せっかくなので、どうしても修理したくて手探りでやっています。あちこちとオシロで当たったところ、ゲートタイムが10Hzであるべきところが、16.7Hzになっているのを発見しました。


Coun_11

 これが怪しいと思われる基板です。端子の右から2番目に非常に細い1kHzのパルスが入って、左から3番目の端子に100Hz、ここまではOKですが、右から3番目が上記のオシロ写真のとおり、16.7Hzが出ており、分周がおかしいと見当を付けたものです。
 水島さんからコメントいただいたように、デシマルカウンターのところがバイナリーに、そしてダイオードが怪しいとのことで、半導体の全てをテスターで当たってみたのですが、テスターの判断では全て正常でした。
最終手段として、全てのトランジスター、ダイオードを交換してみようかとも考えています。大変な作業になりそうですが、力技でなんとかなりそうです。

Mkr

 これは、TS-511のマーカー回路(520/820も同じ)ですが、マルチバイブレータで1/4の25kHzを作っており、このような回路で構成されているのは、間違いなさそうです。しかし、この回路がなぜ4分周できるのかは、理解することができません^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

でっかい、重い ニキシー管周波数カウンター

Coun_08

 ニキシー管採取のためと思って格安で落札した古いタケダ理研の周波数カウンターTR-5589L、届いたものを見て驚き・・・デカイ、重い。
 不具合がありますが、動作するので分解するのがもったいなくなってしまって・・・あきません。
 写真はルヒジウムで校正したSSGから123.456789MHzを出してカウントしたもの。このカウンター内部にもOCXOが入っていて精度だけは確保していました。


続きを読む "でっかい、重い ニキシー管周波数カウンター"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

DRIラボ自宅で今年もミーテイング

Mtg1_2

 今年も、例年実施している自宅でのミーティング(DRIラボ技術MTG)を実施しました。
 参加いただいたのは・・・
 JA3GN,JF3LCH,JF3LOP,JI3KDH
 7J3AOZ,JN4JGK/3
 各局
7J3AOZ局と若手のJN4JGK/3局は初めて参加いただきました。技術ミーティングとしていたのですが、それ以外の話題も多く 「アマチュア無線の将来」「最近CWの運用」などなど、けっこうシビアな話題にも花が咲きました。
※終了したのが 夜中の0:30 楽しかったけど・・・疲れました。

続きを読む "DRIラボ自宅で今年もミーテイング"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

MFJ-259修理・・・(2)完了

Mfj_06

 手持ちの部品交換だけで、修理を完了することができました。写真は、47Ωの抵抗をつないでSWRとResistanceを見ているところ・・・


続きを読む "MFJ-259修理・・・(2)完了"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MFJ-259修理・・・(1)

Mfj_01

  東京都内からやってきたアンテナアナライザー MFJ-259 の修理依頼です。
 カウンターがでたらめ表示、Resistanceメーターが振り切れるとのこと。また、内部の抵抗が焼損しているのもオーナー様が確認して取り替えたけどNG・・・・。


続きを読む "MFJ-259修理・・・(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)