« HL-1KFX ヒューズが飛ぶ | トップページ | TS-520X100W改 Sメーター振り切れる »

2018年4月 1日 (日)

FT-901DM 周波数ふらつき送信できず

901_00

FT-901DM 初期型、お預かりしました。

①周波数がふらついたり、飛んだりする。
②ヒューズが飛ぶことがある。


とのことです。①については、詳細な変動データーを事前に測定していただき、単なるVFOドリフトではないことを確認させていただきました。

<周波数のふらつき>

901_01

周波数が動いて、また元に戻ったり、すごく不安定なのを当方でも確認しました。VFOの電源系を調べていたのですが、RITスイッチに偶然触れると大きく動くことを発見、故障内容が見えました。RIT ON状態だと変動しません。
はい、RITスイッチの接触不良が原因でした。
<ヒューズが飛ぶことがある>

901_02

まずRECT A 基板を見ると・・・
派手に抵抗が焼損しています。この状況、以前にもありましたので、不具合個所はスグに理解できました。

炭化してもオープン状態にならなかったので被害がより大きく・・・。

901_03

はい、YAESUブランドのキャラメル型マイカコンデンサーのショートです。12BY7Aのプレート電圧300Vが、6146Bバイアス回路に流れ込んでこうなってしまったということです。

901_04

被害は、バイアス調整用半固定VRにも及んでいました。このカタチの大きい半固定抵抗は、入手が困難です。

さて・・・・。

901_05

手持ちのパーツボックスをかき回して、1個だけ見つけました。少し小さいけど、バイアス電流などを計算し、電力容量的には使えることを確認しました。

901_06

リード線の切れ端で延長し、取り付けました。

しかし、まだパワーが出ません。正確には1W程度出ているようですが・・・。
ドライブ回路を調べていくと12BY7Aのプレート電圧が、殆ど無いことが判明しました。

901_07

RECT C 基板を見ると・・・。
こちらの抵抗も派手に焼損してしまってます。ここまで被害が及んでいるとは当初思いもよりませんでした。

901_08

マイカコンデンサー絶縁不良が、抵抗4本、半固定抵抗1個を道連れに破壊してしまったという結論になりました。

ドライバー管12BY7Aは、プレート電圧が無くてスクリーングリッド電圧のみという、あってはならない状態(Sgが焼損してしまう可能性がある)で、不良の懸念もあったのですが大丈夫でした。

その他、28MHz帯の100W化、マーカー周波数の再調整、その他チェックを実施し、24時間エージングして完了としました。

|

« HL-1KFX ヒューズが飛ぶ | トップページ | TS-520X100W改 Sメーター振り切れる »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/66563635

この記事へのトラックバック一覧です: FT-901DM 周波数ふらつき送信できず:

« HL-1KFX ヒューズが飛ぶ | トップページ | TS-520X100W改 Sメーター振り切れる »