« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月17日 (火)

FT-1000MPパネル交換

1000_00_2
 YAESU FT-1000MP 全面パネルを交換して欲しい、ダイヤルの回すトルクを少し重くして欲しいとの依頼です。

1000_01

オーナー様が入手された全面パネル。

1000_02

取り外しは結構めんどうでした。

1000_03

手配されたパネルの「STO」ボタンがかすれているため、現行のものを取り付けてておいて欲しいとの要望もありました。

1000_04

取説に記載してある通り、巻きつけてあるバネを右に回す(ブッシュの締め付けを強くする)と重くなるのですが、プラスチック製のブッシュ自体がすり減っているのか、あまり重くすることはできせんでした。ブッシュを逆向けに取り付けたりもしたのですが少し重くなったのみで、これはいたしかたないようです。

その他、各バンド毎のパワー、感度、リファレンスなど、問題ないことを確認し完了としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

全市全郡コンテスト 2017

Acag3

例年のごとく、ACAGにC50Hで参加しました。夜中のGWのコンデションは良くなく、十分な(??)睡眠を取ってしまいました。

毎回苦しめられるノイズが比較的少なかったからか、昨年よりスコアは伸び、楽しむことができました。コ-ルいただいた各局、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

FT-901DM 再修理、蝋の海探査

901_00_2

FT-901DM 最終モデル。2015年4月に修理した同一個体です。
症状は、7MHz帯がアンロックして働かない、ALCメーターが振れないとのことです。

<7MHz帯送受信不能>

901_02

901_03

スペアナで調べていくと、7MHz帯のVCOは発振しているものの、ロックしていません。これは前回10MHz帯で発生していたのと同じなのではと、蝋の海を発掘すると出てきた遺跡は・・・その通り、スイッチングダイオードが割れていました。

どうしてスイッチングダイオードが割れるのか???  蝋の海が原因とは考えにくく、製造時に10MHz帯のも含めて、何らかの機械的ストレスが加わっていたのではと推測されます。

とりあえず、その部分の蝋を除去しておきましたが・・・。

交換することで、PLLロックするようになりました。併せてロックレンジの調整も実施。

<ALCメーター振らず>

901_06

901_05

ALCメーターフルスケール(ゼロ点)調整VRが、不良で完全に断線していました。

901_07

このタイプの半固定抵抗は無いので、足を伸ばして現行品を取り付け。

901_08

正常に振るようになりました。
YAESUのALCは、TS-520/820などと違ってIgをトランジスターで検出する方法ではなく、かつALCメーターは逆ブレとなるので、時々混乱してしまいます。






その他、エージングし一通りテストし問題無いことを確認して完了としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ