« FT-1000MPパネル交換 | トップページ | R-599S / T-599S メンテナンス »

2017年10月24日 (火)

FT-1000MP バックライトのテープLED化

1000_10

また連チャンでFT-1000MPです。不思議と同一機種が連続というのが良くあります。「パックライトが点灯せず、何も見えない」との修理依頼です。

1000_11

当機種はCCFL(冷陰極管)を使っており、その駆動インバーターが故障する例はあちこちで見かけます。全面パネルに付いているその部分を取り出してみると、トランジスタに密着させている温度ヒューズが溶断していました。

1000_15

温度ヒューズが入手困難であり、交換してもまた飛ぶ可能性もあるため、大手術になりますがテープLEDを用いたLED化をすることとしました。

5050タイプ300個付いて5mある物です。クルマの電装関連で多く使用されているようですね。

1000_12

LCDまでのアクセスはコネクターが多数あって結構大変。間違わないようにする必要があります。

1000_13

1000_14

CCFLはこんなカタチで取り付けられています。markⅤとは少し異なるようです。

1000_16

テープLEDは3個単位で切り離すことができるので、CCFLに合わせてみると、どうしても1個余ってはみ出してしまうことになりますが、スペース的には大丈夫でした。

合計18個のLEDを使うことになります。

1000_17

仮に取り付け、ムラができないかテストします。

余ったLEDとエッジは遮光しないと光漏れが発生するので、黒テープで遮光しました。これもカットアンドトライが必要で、簡単にはいきません。

1000_18

問題ないことを確認後、組み立てます。不良のインバーター基板はそのまま取り付けておきました。

ディマー調整もテストしたところHighで11.5V, Lowで9.0Vとなり、明るさの調整もOKです。

1000_19

色合いが少し黄色くなってしまいましたが、うまくいきました。

当個体は電源が不良となっており、外部DC電源動作となっています。電源は触れないので、その他の部分のチェックを実施し、問題ないことを確認して完了としました。

|

« FT-1000MPパネル交換 | トップページ | R-599S / T-599S メンテナンス »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/65959618

この記事へのトラックバック一覧です: FT-1000MP バックライトのテープLED化:

« FT-1000MPパネル交換 | トップページ | R-599S / T-599S メンテナンス »