« FT-290 LED化 | トップページ | FT-102 いつもの修理+再調整 »

2017年8月14日 (月)

驚くような美品の IC-251

251_00

30年以上経っているとは思えないくらい美品のIC-251、変調が乗らないとのことでお預かりしました。

251_01

251_02

内部にもホコリ一つありません。箱に入れて保管されていたようではなく、こんなに美品に保つにはどうされていたのか不思議なくらいです。空気中に晒すだけで、酸化し、メッキなどは皮膜ができてしまいますから。

変調が乗らない原因は、無線機側のマイクコネクター取り付けナットが緩み、ちゃんとマイクが刺さらなかっただけと思われます。

251_03

FMでのパワーが16Wと、出過ぎです。ファイナルトランジスターの規格からしても、問題ないのですが、内蔵電源ユニットへの負担が重くなり、そちらに悪影響があると判断し、Maxで12Wになるよう再調整しました。

251_04

周波数リファレンスも再調整。こちらは殆どズレがありませんでした。PLLロックも良好。

その他、一通りの点検、動作確認をし、24時間エージングして完了としました。

|

« FT-290 LED化 | トップページ | FT-102 いつもの修理+再調整 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/65664495

この記事へのトラックバック一覧です: 驚くような美品の IC-251:

« FT-290 LED化 | トップページ | FT-102 いつもの修理+再調整 »