« FT-620B レストア | トップページ | FT-1000 意味不明な改造 »

2016年8月29日 (月)

FT-401S レストア

401d_00

YAESU FT-401S ファイナルの6JS6が壊れたので修理して欲しいとの依頼があり、お預かりしました。非常にきれいな個体なのですが、40年以上経つ無線機であり、診断していくと多数の不具合が見つかり100%完璧にとは行きませんでした。

エンブレムはFT-401Sですがファイナルは2本、しかしオプション類は入っていないという構成です。

401d_01

401d_02

まずは終段管6JS6Cが壊れた理由、それはすぐに解りました。過去に実施した当方の401Dと同じ故障です。ドライバー段からカップリング用マイカコンデンサの絶縁不良⇒Cg電圧上昇⇒IP増大⇒真空管が不良⇒Sg抵抗焼損・・・この故障パターンです。

13MΩと大きな値のように見えますが、真空管の場合、グリッドのインピーダンスは非常に高いため、このリークは致命的です。

同様にドライバー管12BY7AのカップリングコンデンサもNGでした。これまでにいくどとなく事例がありますが、YAESUのキャラメル型マイカコンデンサは、ほぼ100%絶縁不良になるようです。

401d_03

401d_04

オーナー様はNECの6JS6Cを手配、同梱いただきました。当初はGE製のはどうかと打診が有ったのですが、GE製はCpgが大きくて中和が取れない可能性があります。

401d_06

これは何をやっているところかと申しますと「中和」を取っているところです。YAESUの取説に書いてある方法で右往左往やりましたが、どこが中和ポイントなのかはっきりしないため、Sgを接地しファイナル動作を止め、ドライブを掛けて出力側に出てくる信号をスペアナで見て最小になるようにして実施しました。要するにTRIOの実施方法を応用したという訳です。これで、確実に中和点に合わせこむことができました。
401系の中和は重要で、ヘタなことすると発振したりハイバンドでパワーが出なくなったりするので要注意です。

401d_05 電源部を確認していたところ、一つだけダイオードを交換してあり、これは前例と同じく他も壊れてヒューズが飛ぶ可能性が高いため、8本全て交換しました。ここに使っているダイオードは2SC460と同じく、リード線の腐食が内部に進行して不良となるような感じです。

401d_09

SSBモードにしてテストすると、キャリア漏れが酷く、1W以上ありサイドバンドサプレッションは20dBぐらいしか取れていません。これではダメ、キャリアバランスを再調整しようしたのですが、追い込むことができません。

401d_08_2

その原因は、ソリッド抵抗の経年変化による抵抗値増大でした。2.2kΩが3.4kΩになっていたり、47kΩが60kΩになっていたり・・・。結局、バラモジ7360のキャリアバランスに関連する抵抗8本全て交換してようやく、40dB以上のサプレッションを得ることができました。

401d_07

更にチェックしていくと21MHz, 28MHzで受信感度が落ちることがあり、調べたところバンド切り替えスイッチの接触不良がありました。接点洗浄や復活剤吹付けをやったみたのですが、接点自体が劣化しているようで、完全に修復することはできませんでした。

401d_11

ファンの音が大きいので、分解してベアリングに注油しようとしたのですが、イモネジが固着してしまって外すことができませんでした。

401d_14

今回交換した部品です。
ここまで1週間以上かかってますが、このクラスの古い無線機は、半年以上かけてゆっくりとリストアしていくのが良さそうです。

|

« FT-620B レストア | トップページ | FT-1000 意味不明な改造 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/64124812

この記事へのトラックバック一覧です: FT-401S レストア:

« FT-620B レストア | トップページ | FT-1000 意味不明な改造 »