« 2016年ALL JAコンテスト | トップページ | TS-520V VFO発振不良ほか整備 »

2016年5月 2日 (月)

FT-757GXⅡ送信できない

757_00

YAESU FT-757GXⅡ この機種の修理もかなりの台数となりました。裏蓋を開けて、コネクターを抜き差し、閉じたところ全く出力が出なくなったとのことでお預かりしました。

コネクターの接触不良かハンダ不良だ、これは簡単に修理できると安易に考えていたのだけど大間違い、難航してしまいました。

757_01

全てのコネクター類のチェック、振動を与えても全くパワーが出ません。順番に回路を追っていくと、Driveコントロールを行っている 2SK125 のところで信号が途絶えて、不良であることを突き止めました。交換して信号が通るように。

しかし、パワーは全く出ません。

757_02

まだ他も壊れているのかと、回路を調べると送信MixerやBuffer AMPにバイアスがかかって増幅しません。

悩むこと数時間・・・。なんのことは無い、リアパネルにある「LINEAR」スイッチがONになっていただけでした。これ、悪いトラップ、送信回路をインヒビットにしてしまうんです。

757_03

757_04

さて、これでOKかとバンド別に送信をチェック。14MHzと21MHzが送信不可です。スペアナでローカル信号を見ると、ご覧のとおり酷いスペクトラム。PLLアンロックです。

VCOを再調整、4つ共大幅にズレておりロックしない範囲がありました。再調整でOKとなりました。

757_05 リファレンスも7MHzで500Hzと結構なズレ。再調整です。

その他、キャリアポイント再調整、28MHzの100W化などを実施し、完了としました。

|

« 2016年ALL JAコンテスト | トップページ | TS-520V VFO発振不良ほか整備 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。
私では、当然不可能な修理知識です。
感謝、感激です。

投稿: 今村 勝俊 | 2016年5月 3日 (火) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/63569654

この記事へのトラックバック一覧です: FT-757GXⅡ送信できない:

« 2016年ALL JAコンテスト | トップページ | TS-520V VFO発振不良ほか整備 »