« IC-820D 430MHzが送信できない | トップページ | 1,800,000アクセス達成 »

2016年3月21日 (月)

FT-1000MP とんでもない所で送信する

1000mp_00

YAESU FT-1000MP  3.5MHzで送信すると、リセットがかかってしまう、他もおかしいとのことでお預かりしました。これまでになく大変なことになっており、また修理完了まで1ヶ月近く費やしてしまいました。

1000mp_01

1000mp_02

到着して症状をチェックしてみると・・・一見、正常に見えますが。

・3.5MHz   送信するとICが振り切ってプロテクションがかかりリセットされる。

・7MHz    80Wの出力が出る。しかし、上記の写真のとおりLSB, USBでマイク
        を繋がないで、送信にするだけで出力される。

・10MHz以上 同様に送信するだけで160W以上の出力が出てくる。


これはおかしい、スペアナで観測してみると、バンドを変えようが、モードを変えようが、ダイヤルを回そうが、8.2MHz帯の単一キャリア電波が送信されてパワーコントロールも何も効きません。

アマチュアバンドでないところで、強力な信号が送信されてしまうといういまだかつて経験の無い恐ろしい症状です。


1000mp_03

2nd IFが8.2MHzに近いので、通りぬけを増幅しているのかと PA部入力コネクターを抜いてみましたが、同じです。この段階で PA部に問題があると判明できました。

1000mp_04

1000mp_04a

PA部を開けて目視チェックと電圧チェックを行うと、ドライバー段2SC3133の片方がコレクター・ベース間ショート。それに伴って、ベースに入っている寄生発振防止抵抗が焼損してしまってました。

Push-Pullになっているドライバー段の片方が壊れ、片方が生きていたので生きているほうに正帰還が発生して強烈な発振をしていたということです。周辺回路定数から、その共振周波数が8.2MHzであったということになります。

また、7MHz帯用LPFのコイルが焼けてしまってます。

<2SC3133入手の顛末苦労>

オーナー様はパーツ入手は全ておまかせするとのことで丸投げされました。

2sc3133_1

2SC3133はディスコンになって入手困難です。まずは、国内の在庫を調査してくれる会社に見積もりをしたところ、5個で28,000円(税別)ととんでもない価格が提示されました。
これは高すぎます。

1000mp_05

そこで、ebayより探してアメリカ東海岸、ニュージャージ州へ発注。個人輸入、10日ぐらいかかりました。

1000mp_06

届いたのがこれ。
なんだか怪しさもあるが、テスターでチェックしたところピン配列も合っているし、さっそく、取り替えてみることに。

1000mp_07

電源を入れたとたん、ベース・エミッター間がショートとなり壊れてしまいました。ニュージャージから届いたものが一瞬でお亡くなりに。
取り外した三菱のものと比較して、明らかにおかしいです。

1000mp_08

SNSを通じて呼びかけてみても、どうしても2SC3133はみつかりません。そこで、2SC1969なら持っていると名乗りでた方に譲っていただきました。

1000mp_09

2SC1969はピン配列が異なるので、ケースを絶縁シートで浮かせて、ピンを曲げて取り付ける必要があります。結構難しくて絶縁チューブを入れることはできなく、空中配線となりました。

1000mp_10

LPFのコイルも、T-68-2を入手して巻き直しです。LCRメーターで測定すると、同一回数巻いたのだが、インダクタンスは少し大きくなりました。(発熱でコアが劣化したため?)

これでようやく、正常なパワーが出るようになりました。スプリアスもOKです。

<米国からの2SC3133は何か? >

1000mp_11

1000mp_12


スグに壊れてしまった米国からの2SC3133、これは何か。拡大してみると、三菱のロゴが入っているものの、真ん中に E の文字が書いてあります。どうやら、これは台湾のELEFLOW社製を偽って三菱製としたフェイク品だということが解りました。

台湾⇒米国東海岸⇒日本の自宅 と渡ってきたようです。米国にあるからといって信用してはならないようです。

※今回で懲りたので、当方での個人輸入まで実施してパーツ調達は実施しないことと致します。あまりにも、リスクが大きすぎ仕事が進まないからです。

|

« IC-820D 430MHzが送信できない | トップページ | 1,800,000アクセス達成 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
これは酷いですね。
私も同様の被害にあってますが、相変わらず横行しているのですね。
その時はeBayのサポートセンターだかにクレームを入れ、なんとか購入代金だけは回収できましたが・・
後味が悪くそれ以降、海外からの半導体購入は止めてます。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2016年4月 3日 (日) 18時35分

つたない英語ですが、壊れて動作しなかったことを連絡したら、返金してくれました。送料はダメでしたが。

これは三菱製じゃなくELEFLOW製だと写真付きで連絡したら、ニュージャージーのディーラーは、サプライヤーに尋ねてみるという返事でした。

ELEFLOW製でもちゃんと動作する場合があるようですが、今回のFT-1000MPへの搭載はダメだったような感じです。

投稿: JF3DRI | 2016年4月 5日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/63377792

この記事へのトラックバック一覧です: FT-1000MP とんでもない所で送信する:

« IC-820D 430MHzが送信できない | トップページ | 1,800,000アクセス達成 »