« FT-2312 パワーモジュール殻割り | トップページ | TL-922 送受切り替えリレー交換 »

2016年2月16日 (火)

MFJ-269アンテナアナライザー修理

Mfj_00

アンテナアナライザー MFJ-269 の修理依頼。針が振り切って正常動作せず、コネクター部を動かすと変化するとのことでお預かりしました。

Mfj_01

ダミーを付けても、確かに針は振り切り状態。液晶もオープン状態表示。コネクターを動かしてみると、確かに変化します
これは、ハンダクラックだと、ここで確信を得ました。

Mfj_02

Mfj_03

配線図を探し当てて、分解作業。いわゆるアメリカン品質で、機構部品設計は良くありません。ハンダが怪しいのは、コネクターが付いている周辺。
ただし、マイコンのプログラムはうまく作ってあり、非常に多機能で良くできています。その分、回路もかなり複雑で多数のチップ部品が使われています。

Mfj_04

コネクターが基板に直接取り付けてあり、この機構構造だとコネクターに力が加わった場合、基板へ曲げや歪みの応力がかかるため、ハンダが外れる可能性がありますね。

拡大鏡で詳しく調べましたが、ハンダ不良箇所を特定できなかったので、この周辺のハンダを全てやり直しを実施したところ、正常となりました。

校正はしてませんが、50ΩのダミーでSWR=1.0付近、75ΩのダミーでSWR=1.5付近となったので、完了としました。

|

« FT-2312 パワーモジュール殻割り | トップページ | TL-922 送受切り替えリレー交換 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

MFJ-269購入後三年間使用してますが、測定接続(高周波同調回路、アンテナ関係)のミスなのかSWR IMPEDANCE 各メーターの指針表示が従来の動きと異なり、その後この状態で変化ない状態です。故障診断又 修理等お願い可能でしょうか。

投稿: 熊谷 秀逸 | 2017年5月26日 (金) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/63223529

この記事へのトラックバック一覧です: MFJ-269アンテナアナライザー修理:

« FT-2312 パワーモジュール殻割り | トップページ | TL-922 送受切り替えリレー交換 »