« ハムフェア2015 | トップページ | IC-760PRO 整備 »

2015年8月27日 (木)

FT-757SX 2台修理

757_00_2

YAESU FT-757SX 2台、1台はアッテネータボタンを押すと全く何も聞こえなくなる、もう1台は、表示が出たり出なかったりするとのことでお預かりしました。

8月は毎年のことながらイベントや個人都合、暑さでの体調悪化があり修理をこなすスピードが極端に落ちてしまい申し訳ありません。


<No1. ATT不良>

757_01

757_02

リレーで抵抗を通して減衰させるのですが、その抵抗が見事に焼損してしまってました。アンテナを接続したまま、別の送信機から送信し、受信アンテナに大きな起電力が生じて焼損させたのでしょう。コンテストでマルチ/マルチをやる時に良く発生する故障です。

757_03

2つの抵抗が焼損しており、交換することで正常となりました。



757_04
このATT 抵抗焼損防止と初段保護のために、ヒューズランプがちゃんと付いているのですが、ATTを通った後にヒューズが入っているという、なんともマヌケな設計となっていました。まぁ、ランプより抵抗の方が安価かもしれませんが・・・。


<No2. 表示出ず>

757_05

電源は入るが表示が出ない。スイッチ類も無反応。但し、どこかの周波数を受信しているといった症状です。
こういうのは結構やっかい。

757_06

いろいろと調べていると、このコネクターを触ると表示が出て正常になります。特定するのにかなりの時間を費やしました。

757_07

PLL基板を全て取り外す必要があり、結構めんどうです。コネクターが多数刺さっており、組み立て時に指し間違いが起こる可能性もあるので事前に写真撮影することがお勧め。

757_08

757_09

拡大鏡で注意深く観察すると、ご覧のとおりハンダクラックを発見。発熱部品も無く、力のストレスも掛かるところではないので、何故クラックが生じたのか不明ですが。

他に、リファレンス周波数が大幅にズレており、再調整を実施し完了としました。

|

« ハムフェア2015 | トップページ | IC-760PRO 整備 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

積み重ねたり、同じモデルをまとめて手を付けるような修理者に頼みたくないわな。
どっかのメーカーの代行会社みたいだ。

投稿: 通行人 | 2015年8月30日 (日) 09時14分

気に入らないなら、もっと確実な修理業者にご依頼ください。それはオーナー様の選択肢ですから、当方でとやかく言うことはできません。

いちいち写真撮影し、当ブログで修理内容を公開しているのは、納得していただけるかどうかを判断いただくためでもあります。そうでなければ、時間を費やしてブログに書くようなことは致しません。

なお、この2台は同一オーナー様からの依頼分です。

投稿: JF3DRI | 2015年8月30日 (日) 10時43分

FT757-SXの修理お願いしたいのですが、症状は周波数表示せず。MR/VFO等の6個のスイッチ作動せず。
バンド切り替え、VFOは動作しています。如何なものでしょうか?お忙しいところすみません。長年使っていたリグだけに、諦めきれません。

投稿: 水野 敦夫 | 2015年10月 5日 (月) 15時51分

ブログTOPに記載どおり、メールでご依頼ください。

投稿: JF3DRI | 2015年10月 5日 (月) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/62166436

この記事へのトラックバック一覧です: FT-757SX 2台修理:

« ハムフェア2015 | トップページ | IC-760PRO 整備 »