« HL-200BDX 電源入らず | トップページ | ハムフェア2015 »

2015年7月26日 (日)

FL-110 ファイナル交換

110_01

YAESU FL-110 100Wリニアアンプの修理。FT-301S, FT-7に対応したリニアアンプのようて゜すね。パワーが出ません。

110_02

調べたところ、ベース電圧が3V以上あり、PAトランジスタが壊れています。2SC2100という、当時としては最新式の通信工業用の石がPush Pullで付いてますが、今となってはかなり低スペックです。

110_03

そこで、手持ちのMRF454に交換することとしました。大きさが異なるため、念のため少しだけ基板の穴を大きくしました。ここまでアクセスし、交換するのは他の部品も外す必要があり、結構めんどうな作業です。

110_05

無事、交換が完了しました。バイアス電流を調整、各バンド100W以上 (ちなみに最初の写真は、QRP機から4Wを入力、80Wを出力している様子です。) を確認しました。
10W入れると130W程度出てきますが、5W程度に留めるのが良いと思われます。

FT-817などに最適ですね。

|

« HL-200BDX 電源入らず | トップページ | ハムフェア2015 »

リニアアンプ」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

BPFを交換したら6mでIN 8W, OUT 50Wくらい出ました。160mは犠牲にしたのですが。

投稿: jf3lop | 2015年7月27日 (月) 00時18分

なるほど。
そういう手があったか。> 6m対応

投稿: JF3DRI | 2015年7月27日 (月) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/61963805

この記事へのトラックバック一覧です: FL-110 ファイナル交換:

« HL-200BDX 電源入らず | トップページ | ハムフェア2015 »