« IC-375D 出力出ない | トップページ | IC-71 AFで発振する »

2015年6月20日 (土)

クラニシ ロケーション・アナライザLA-300 修理

La_00_3

クラニシ ロケーション・アナライザLA-300という測定器の修理依頼。電源が入らないとのこと。初めて見るもので、内部がどのような回路になっているか、全くわからず、配線図も見つからないので修理できないかもしれないことを承知いただいた上でお預かりしました。

ちなみに、アマチュア無線で使っているのではなく、ある仕事で使用されているプロの方からです。

La_01

まず、分解、目視で気がついたのは、電池の液モレです。これでは電源が供給されません。仕事で使ってらっしゃるのでフォルダーごと、交換しようと探したのですが、微妙にネジ止め穴が異なり、洗浄・ハンダによる導通で対応しました。

La_03

動作するようになったものの、不安定。原因は、各種スイッチの接触不良。中を開けると写真のように、手作り感満載で、うまく分解することができず、隙間からなんとか接点復活材を入れ、スイッチ類は接触不良が無くなりました。

La_04

La_05

最終動作チェック。この測定器は「高感度な周波数カウンター+RFレベルメーター」ということのようですね。入力にディップメーターを近づけるだけで、カウンターと信号レベルを見ることができます。

|

« IC-375D 出力出ない | トップページ | IC-71 AFで発振する »

測定器」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/61766655

この記事へのトラックバック一覧です: クラニシ ロケーション・アナライザLA-300 修理:

« IC-375D 出力出ない | トップページ | IC-71 AFで発振する »