« FT-707S 変調かからず他 | トップページ | FT-102 やはりリレー不良 »

2015年3月 5日 (木)

TS-690D 音がでない

690_00

KENWOOD TS-690D これまでいろんな機種を修理してきましたが、こちらに入院するのは初顔となります。コンパクトで質感も良く大変良い無線機ですね。

症状は「音がでない」・・・ネットで事例を調べると TS-690, TS-450では良くある故障のようです。

690_01

その事例の如く、オーディオ出力段のカップリング電解コンデンサが教科書に載っているように液漏れを起こしていました。これは、耐圧が10Vと小さく、設計ミスなのでしょうかね。

690_02

690_03


取り外してみました。基板パターンへの腐食は、なんとか大丈夫のようです。IPAで洗浄し、腐食した部分を十分に削って取り除いておきました。
16V耐圧のものに交換、元気に音が出てきてくれました。

690_04

その他のチェック及び調整。メモリーバックアップ電池も3.3Vと問題ありません。周波数のズレも殆どなく問題ありませんでした。

690_05

690_06


汚れが有ったので、ツマミ類を外して洗浄し、完了としました。当機種は旧3アマの25W出力機で、50Wにも改造できますが、オーナー様の意向でそのままとしました。

|

« FT-707S 変調かからず他 | トップページ | FT-102 やはりリレー不良 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/61235784

この記事へのトラックバック一覧です: TS-690D 音がでない:

« FT-707S 変調かからず他 | トップページ | FT-102 やはりリレー不良 »