« 修理受付から完了までの流れ | トップページ | FT-102 ヒューズが飛ぶ (1) »

2014年12月17日 (水)

FT-1021X 温まるとパワーがふらつく

1021_1

  連続でFT-1021X (FT-1000) の修理。前回にファイナルを交換したオーナー様所有のもので、最初は出るが、温まってくるとパワーが出なくなるという症状です。

受信しているだけでも、パワーが出なくなることを確認しました。不良回路、めぼしを付けたところは・・・
 1.パワーコントロール回路
 2.APC回路
 3.電源回路
 4.送信PA部

の4つ。 1 はALCが掛からないのでシロ。2 はプロテクションが掛かっている様子も無いのでシロ。受信状態でも、ファンが回り出すので電源回路をまずは疑った。電源の放熱器をトントンと叩くと多少変化する、これは怪しいと各電圧を測定してみたが、がふらつくことも無く正常。 うーん、解らない。

1021_2

 ではPA部か・・接続されているTMPコネクターを触ると大きく出力が変動する。見つけた!!
このコネクターの接触不良と、ハンダ付けが怪しかったので、やり直したところ、ふらつきはピタっと治りました。
なぜ、電源の放熱器をトントンすると変動したか??PA部と電源部はくっついているのてその振動が伝わったからでした。


1021_3

IF SHIFT/WIDTHの中心点がズレているように感じたので、PLL基板の発振周波数を再調整して完了としました。


非常に重い無線機なので、2階まで持ち上げるのに、いつも苦労します。ロープを巻いて首からの力も利用して。なんせ、私の体重の3/5あるんですから。

|

« 修理受付から完了までの流れ | トップページ | FT-102 ヒューズが飛ぶ (1) »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/60824192

この記事へのトラックバック一覧です: FT-1021X 温まるとパワーがふらつく:

« 修理受付から完了までの流れ | トップページ | FT-102 ヒューズが飛ぶ (1) »