« FT-ONE 整備 | トップページ | 近着QSL まとめて »

2014年12月 8日 (月)

FT-1000 パワー出ず

1000_01

YAESU FT-1000 ,  FT-1021Xは既出の通り修理経験がありますが、FT-1000は初めてお目にかかります。アンバー色でなかなかイイですね。
症状はパワーが2Wぐらいしか出ず、メーカーはPAユニット不良だが部品在庫が無いからと、突っ返されなんとかして欲しいとのオーナー様からの依頼です。

1000_02

PAユニットを取り外して目視したところ、前回と同じくコレクター側からベースに渡っている抵抗が焼損しています。これは、間違いなくファイナルの石が飛んでいます。

1000_03

オーナー様と相談の結果、MRF422はフェイク品も多く、また信頼できるところは海外通販で非常に高価なので、国内で購入でき、代替できると思われる2SC2510で代用してみることとしました。少し安いと言っても、2SC2510 2本で12,000円と高価なトランジスターです。

1000_04

1000_05


装換は完了。ただ、純正じゃない石なので、ホントウに動作するか、PAユニット単体でテストしました。まずは電源を12Vとして各トランジスターにバイアスが正常に掛かっているか、アイドリング電流は流れるか、入力を入れるとパワーがそれなりに出てくるか・・・などなど。

1000_06

問題なさそうなので、本体に組み込み動作させてみるとばっちり200Wオーバーの出力が出てきました。とりあえずは成功、代替品として使えそうです。

エージングテストを実施し完了としました。

|

« FT-ONE 整備 | トップページ | 近着QSL まとめて »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
FT-1OOO/1021の場合,DDSモジュールの電源に入っているケミコンの交換と,電源トランスから電源ユニットに行くコネクタのカシめはとりあえずやっておいた方がいいような気がしてます.

投稿: Yamada | 2014年12月 9日 (火) 13時42分

Yamadaさん
現状では、問題無かったのでそこまではチェックできませんでした。

この機種、電源トランスは余裕の塊なのに、RFユニットの放熱板が小さすぎるのが弱点のようです。RTTY,PSK31,SSTVなどで長時間フルパワー運用するとファイナルが飛ぶみたいです。

投稿: JF3DRI | 2014年12月 9日 (火) 15時29分

ご無沙汰してます。
おお、2510でもOKですか・・
無理してMRF422を探さなくても良いのですね。勉強になりました。
この機種の鬼門はとにかく容量の少ない放熱板です。見掛けはそれなりなのですが、半分はレギュレター用ですからね。
RTTYは50W運用程度と思います。その点TS-950は素晴らしい放熱構造でして、いまだに手放さない理由です。(でもファイナルは1度とびましたけど・・)

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2014年12月14日 (日) 11時23分

斉藤さん
オーナー様の意向で2510への装換が成功したことは、メリットでした。他のMRF422を使っている機種にも応用できると思います。アイドリング電流の調整はやり直す必要がありそうですが。

温度プロテクション、過大電流プロテクションなど保護回路でガチガチに固めてあるのですが、壊れるのはやはり放熱設計がマズイからだと思います。
電源トランスは余裕すぎなほどでっかいものが搭載されているんですがね。

投稿: JF3DRI | 2014年12月14日 (日) 13時46分

たしかに電源トランスはでかいですね。オーディオアンプなみです。
2510ですがオークションに出てますね。買おうかな?と迷ってます。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2014年12月14日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/60781301

この記事へのトラックバック一覧です: FT-1000 パワー出ず:

« FT-ONE 整備 | トップページ | 近着QSL まとめて »