« TS-830 表示出ず/送受できず | トップページ | FT-ONE 整備 »

2014年11月17日 (月)

FT-707S 送信出力出ず

707_01

YAESU FT-707S  この機種は新顔で、初めてとなります。質感も良く、メンテナンス性も優れており、ざっとみたところなかなか良い感触を得ました。回路はPLLではなくプリミックス方式になっており、たくさんの(バント毎の)水晶を使っています。

707_06

送信出力が出ないということでお預かりしました。調べたところ・・・電源コネクターのところにジャンパー線が走っており、そこに電圧がありません。このジャンパーはトランスバータを接続した時にファイナルを切り離す役目をするようになっているところです。

707_02

707_03


回路を追うと、AVRユニットに接続されており、リレーから出力される送信系の+B電圧が供給されていません。ネット検索するとリレーの故障も多くあるようですが、基板裏面に耐熱チュープがかぶっている抵抗が断線していることがわかりました。

707_04

1Ωの金属皮膜抵抗で、後から追加された抵抗のようです。1Ωの抵抗が切れるってことは、回路がショートしているんじゃないかと、調べたのですが問題ありません。ネットからの故障事例ではタンタルコンデンサのショートモード故障もあるのですが。
 交換することで、ちゃんと10W出力が出てくるようになりました。

707_05

最終チェックをしていると18/24MHzが送信できないことが判明しました。サービスマニュアルには、WARCバンド送信の改造方法(ダイオードカット)が書いてあるのですが、どこを見ても基板上のそのナンバーのダイオードがありません。おかしいなぁと思いつつ、配線図から追っていくとようやくわかりました。
この機種IC-707は、WARCバンド有り無しだけでなく、製造番号によって基板や回路が異なるようになっているようで、サービスマニュアルに嘘が書いてあるので信じてはいけません^^

結局、抵抗が断線した理由として、電源コネクターの端子がなんらかの原因でショートし、抵抗に過大な電流が流れて焼損⇒断線たものと推察されます。

|

« TS-830 表示出ず/送受できず | トップページ | FT-ONE 整備 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

30年間休止していましたがこのたび再開局しました。
コールサインはJO1SJDです。
突然の書き込みお許しください。

八重洲のFT-707を所持しておりますが、数日前にお蔵入りしていたリグに電源を入れてみたところRF基盤のコンデンサーが2個損傷してしまいました。なぜかは原因わかりません。

修理可能か否かネットを検索しここにようやくたどり着きました。このリグに愛着があり修理し再使用したいのですが・・・・

送料、修理代をお支払いしますので見てもらえませんでしょうか。現物を見ていただいて修理不可能な場合は、着払いで送り返していただいても結構です。

よろしくお願いいたします。詳細はメールにて。

投稿: Diver7833 | 2014年12月16日 (火) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/60670497

この記事へのトラックバック一覧です: FT-707S 送信出力出ず:

« TS-830 表示出ず/送受できず | トップページ | FT-ONE 整備 »