« 第35回全市全郡コンテスト | トップページ | FT-290 Sメーター振りきれ »

2014年10月15日 (水)

IC-750A 多機能不全

750a_01

ICOM IC-750A 軽く叩いたら動作していたのだけど、電源も入らなくなったとのことでお預かりしました。あちこちが故障していて、結構苦労しました。

<1.電源が入らない>

750a_02

内部にあるDCヒューズが飛んでいました。電源ラインとアース間をテスターで当たるとゼロΩ。これは、前回修理したものと同様、間違いなくタンタルコンデンサーのショートモード不良だとピンと来たので、調べると全く同じコンデンサがNGでした。ここまでは経験則で楽勝。




<2.周波数表示が出ない>

750a_05

750a_06


電源は入ったものの、VFDの表示が出ません。Sメーターが半分ぐらい振るのだが、受信も送信もできません・・・。ということで、ディスプレイ基板を外してチェックすると、VFD駆動用のDC-DCコンバータに電圧が来ていない。パターンをよく見ると、写真の通り酷いハンダクラックが多発してました。ここの半田上げを全てやり直したところ、表示が出るようになりました。また、ここでAGCのマイナス電圧を作っているので、それがゼロなのでSメータが半分振りっぱなしというカラクリでした。
DC-DCコンバーターのトランジスタや周辺部品は、結構発熱するので、発熱⇒冷却⇒発熱⇒冷却の繰り返しで膨張・収縮しクラックが拡大したと推測されます。

<3.14.9MHz付近以上の周波数で受信も送信も不良>

750a_07

750a_08

24時間程度エージングしていると、高い周波数が受信できなくなってしまいました。VCOの発振停止です。トリマーを回すと、瞬間的に発振したり、また停止したり不安定。
トリマーの不良を疑ったのですが、2つのVCOがダメなので、そうでもなさそうです。結局、ここも半田不良があり、ハンダ上げのやり直しをすると、ばっちり治りました。

その他、メーターランプ切れ(LED化しました)や、全面パネルに酷い汚れが有ったので分解清掃し、とりあえずは完了としました。まだエージング中ですが。

|

« 第35回全市全郡コンテスト | トップページ | FT-290 Sメーター振りきれ »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/60483502

この記事へのトラックバック一覧です: IC-750A 多機能不全:

« 第35回全市全郡コンテスト | トップページ | FT-290 Sメーター振りきれ »