« IC-726S 受信不能となる時がある・・・ | トップページ | FT-1021X パワーが出ない(1) »

2014年5月20日 (火)

FT-690mK2 送受信不良

690_01

YAESU FT-690mK2 長期間使わなかったためか、周波数のずれ、パワーが出ないなどの症状があるとのことでお預かりしました。非常にきれいな個体で、ソフトケースも所持され、大切にお使いになっていたようです。
この無線機からチップ部品を使ったタイプになるので、修理できるかできないか微妙なところとなります。


690_02

チェックしたところ、受信はしているものの、キャリアポイントの大幅ズレ、出力が0.1Wぐらいしか出ない。そして、その出力をスペアナで見ると・・・たくさんのお子様をお連れになった、とんでもない信号となっていました。(約9kHz間隔で)


690_03

心臓部であるVCOの波形を見てみると、全く同じスプリアスを含んだものとなっています。VCOのトリマーを回すとスプリアスが変化し非常に不安定です。とりあえず、トリマーを交換することとしました。





690_05

690_06


かなり苦労して取り外したトリマー。しかし、小さい形状で代替品がありません。そこで、足を伸ばして代用品を取り付けました。

690_07

交換、調整した結果、近接スプリアス発射はなくなりました。あと、パワーが出ないのはドライバー段の大幅調整ズレが原因。その他キャリアポイントの調整、基準周波数調整で、ひと通り動作するようになりました。


690_04

修理はできましたが、懸念されることもあります。VCO内のトリマーを外した時に撮影した写真ですが、基板パターンが腐食しているようにも見えます。この部分は、樹脂モールドで固めてあり、その中に電解コンデンサがありますが、どうすることもできないのです。もし、これが電解コンデンサの液漏れだとすると、年月が経つうちに動作しなくなる可能性があります。

|

« IC-726S 受信不能となる時がある・・・ | トップページ | FT-1021X パワーが出ない(1) »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/59674750

この記事へのトラックバック一覧です: FT-690mK2 送受信不良:

« IC-726S 受信不能となる時がある・・・ | トップページ | FT-1021X パワーが出ない(1) »