« FT-102 修理 3台目 | トップページ | 東京ハイパワー HL-1KFX 修理 »

2014年4月16日 (水)

IC-2500D 1200MHzパワー出ず

Ic2500_03

ICOM IC-2500D 430/1200MHzデュアルバンド機。1200MHzの出力が出ないとのことでお預かりしました。チップ部品を使っているので私の手にはおえないかもを条件として・・・。
 表は1200MHz, 裏は430MHzという構造になっています。


Ic2500_04

Ic2500_05


あちこちとチェックしているうちに、一瞬パワーが・・・。そして、基板を上から押し付けると出たり出なかったりすることが判明。これで、クラック等の半田不良とメドを付けました。基板を外してみると、チップ部品の海。拡大鏡でじっくり観察しても、クラックは不明です。そこで、絨毯爆撃的に怪しい範囲を全てにハンダゴテを当ててみる手法としました。細かいので、半田ブリッジができないよう、細心の注意をして。
元に戻して、送信してみると・・・正常出力されるようになりました。基板を押しても大丈夫。

Ic2500_01

Ic2500_02


照明ランプが切れていたので交換。この機種、贅沢にも4つのムギ球を使ってあり、そのうちの3個が切れていました。

後は少しエージングテスト、基準周波数合わせを実施し、完了としました。

|

« FT-102 修理 3台目 | トップページ | 東京ハイパワー HL-1KFX 修理 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

お見事です.
やはり,ハンダごての当て直しって効果があるんですね.これだけの基板になるとたいへんだと思いますが.

投稿: JE1SGH | 2014年4月20日 (日) 09時03分

モービルで使っていたようなので、振動が原因でしょうね。コンデンサの液漏れは無かったのが幸い。

投稿: JF3DRI | 2014年4月22日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/59480784

この記事へのトラックバック一覧です: IC-2500D 1200MHzパワー出ず:

« FT-102 修理 3台目 | トップページ | 東京ハイパワー HL-1KFX 修理 »