« FT-290/FL-2010 PLLロック外れ他 | トップページ | FT-102 修理第2弾 »

2014年2月18日 (火)

IC-750A 電源入らず

Ic750a_02

「もう使わないから・・・ただし故障しているよ」ってことで、譲ってもらった IC-750A 。電源が入りません・・・。
 内部に、ファイナル部以外に供給する電源にヒューズが入っていて、そのヒューズが切れていました。交換してもまた切れる・・・。電源と接地間をテスターで診るとゼロΩ。これはどこかでショートしている・・・。

Ic750a_04

 あちこちの回路に電源を分配しているので、配線図とにらめっこしながら、各ブロックの基板にある電源供給コネクターを抜いてチェックし、ようやく突き止めました。
 「タンタルコンデンサーのショートモード故障」


Ic750a_03

外観から全くわかりませんが、完全にショート状態。単なるバイパスコンデンサー用途に使っているだけなのですがね。
以前にも、他の部品を巻き込んでショート故障がありました ( ここ ここ ) ので、要注意です。

|

« FT-290/FL-2010 PLLロック外れ他 | トップページ | FT-102 修理第2弾 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

タンタルコンデンサの短絡、イヤな故障モードです。
コンデンサの耐圧スペックは十分に足りているのに短絡しちゃう。
リップル電流が過大なんていうんでもない。
これって何? なんですよね。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2014年2月19日 (水) 17時35分

タンタルコンは普通のケミコンよりF特はいいですが耐圧が弱いので瞬間的な耐圧オーバーでも短絡することがあります。内部構造が物語っていますね。

投稿: Mack | 2014年2月19日 (水) 21時19分

前オーナー様は、8年間電源を入れておらず、そのまま電源ONすると、こうなったとのことです。長期間置くだけで劣化するものなのかは???

タンタルコンはプラス・マイナスの逆接続に非常に弱く、耐圧が低いものはテスターで診るだけでストレスが加わるとか・・・

投稿: JF3DRI | 2014年2月19日 (水) 22時15分

最近ではタンタル自体を使うことは少なくなってきたと思います。工業用に使用される製造装置では、短絡で煙モクモク事故もあったとかで、電源回路に使うことはご法度でした。

投稿: JF3LOP | 2014年2月21日 (金) 00時33分

フィルムコンの短絡に遭遇しました。
http://blog.zaq.ne.jp/igarage/article/3699/

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2014年3月 2日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/59156164

この記事へのトラックバック一覧です: IC-750A 電源入らず:

« FT-290/FL-2010 PLLロック外れ他 | トップページ | FT-102 修理第2弾 »