« TS-820初期型、後期型の違い | トップページ | 第34回 全市全郡コンテスト »

2013年10月10日 (木)

自立タワーのメンテナンス(1)

Roval_01

 1987年に建設した自立タワーKT-18R、既に26年の歳月が経ち、そろそろメンテナンスをやらないといけない時期となりました。亜鉛メッキは耐候性があり、長持ちするのですがさすがに25年間、風雨に晒されているとサビが出てきます。西風が強いので、特に西側面がメッキ剥がれ状態が進んできました


Roval_02

 住居に沿うように建てているため、下のブロックは、補修が不要なくらい何ともないのですが、思い切ってボルト・ナットを全て交換することに。


Roval

 購入した溶融亜鉛メッキ塗料 ROVALです。1kg 購入しましたが足りないかもわかりません。


Roval_05

 クリエイト・デザイン社へ、ボルト・ナット一式を注文しました。26年経っても変わらない製品ってイイですね。ただし、これだけで4万円もかかりましたが・・・
(ボルト屋さんに頼んだ方が安いらしい・・・)


さて、これからぼちぼちと上部よりペイントとボルト交換をやっていく予定です。

|

« TS-820初期型、後期型の違い | トップページ | 第34回 全市全郡コンテスト »

アンテナ、タワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/58358160

この記事へのトラックバック一覧です: 自立タワーのメンテナンス(1):

« TS-820初期型、後期型の違い | トップページ | 第34回 全市全郡コンテスト »