« Newly arrived QSL.. VE, EA, K | トップページ | TS-600 修理・・・ »

2013年7月30日 (火)

真空リレーの装着

4_400a_06

久々に自作4-400Appアンプの話題です。
どうも、送受切り替えリレー接点の調子が悪く、時々受信レベルがガクンと下がってしまい、これまで使っていたオムロンのLY3からHC-1バキュームリレーに交換することにしました。

Stbn

 HC-1の動作電圧は26.5V。内部で使っている12V系リレーと異なる電圧なので、同時に動作させる方法を考える必要があります。そこで、頭をひねった回路がコレ。
 トランジスタを2個使うべきという意見も有ったのですが、使ってみることにしました。

4_400a_01

4_400a_02


こういう形のサブ基板を作って・・・・
最終的には・・・

4_400a_07

 こんな配線 (ちょっと手抜きですが・・・) となりました。切り替え音も小さく、とりあえずは良好に動作しています。
(HC-1の50MHzでのアイソレーションは-35dBと良い特性とは言えないとの指摘もありましたが、大丈夫のようです。)


※コンテストでのフル運用にビクともせず、そして50MHz DXCC完成におおいに貢献してくれたリニアアンプです。自作したもので、大いに有効利用できているの唯一のブツです。

|

« Newly arrived QSL.. VE, EA, K | トップページ | TS-600 修理・・・ »

4-400A PPアンプ製作」カテゴリの記事

コメント

やっぱりヒーターの輝きは よろしおますなぁ。
室内暖房に寄与するので夏場はたまりまへんけど。

熱風を冷風に一発変換する素子を開発したら売れるでしょうねぇ。(笑)

投稿: JA3GN | 2013年7月31日 (水) 06時27分

真夏に暖房はキビシイです。フィラメント点灯だけで150Wの電気ストーブだし・・・
冷風が出るリニアがあれば、即買いしますが^^

投稿: JF3DRI | 2013年7月31日 (水) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/57896607

この記事へのトラックバック一覧です: 真空リレーの装着:

« Newly arrived QSL.. VE, EA, K | トップページ | TS-600 修理・・・ »