« TS-510Dのリストア一挙に公開 | トップページ | IC-4KL 重量級修理第2弾・・・(1) »

2013年5月14日 (火)

IC-756PROIIIへのルーフィングフィルター取り付け

756pro3

756pro3_1


IC-756PROIII INRAD製のルーフィングフィルター取り付け依頼があり、お受けいたしました。軽くお受けしてしまったのですが、これが米粒以下のチップ部品の取り外し作業があり、ハンダ付けに慣れていない方は決してお勧めできるものではなく、私もほぼ限界を感じた作業となりました。
(※ローガンクラブ代表も大いに影響していますが^^)


756_01

756_02


まずは、部品位置を確認。IC-756系はデュアルワッチ機能があり2系統のMixer, AMPがあります。その片方に入れる仕様となっています。INRAD取説には、A-side, B-sideと表記してありA-sideに入れます。上左写真の赤丸で囲んだ部分のシールドケースがそれ。そして、右写真が蓋を開けたところ。なんと、0603チップが使ってあり、時点で一瞬お断りしようかとも。。。やり直しは効きません、一発勝負です。高価な無線機を壊したら・・・という懸念から。
(右写真の赤丸で囲んだ抵抗を取り外して、リード線タイプのCとRを取り付ける)

756_03

756_04


意を決して実行することに。DRIラボを指名いただいた名誉のためにも (ちょっと大げさすぎ) 基板を取り外し、そしてシールドケースを取り外すところまで成功しました。
(いやな鉛フリーハンダが使ってあり、これだけでも1時間は費やした) 

756_05

デジカメのマクロ機能を使って、位置を確認。肉眼ではきっちり見えませんので。150 ( 15Ω ) と記載してあるチップ抵抗が標的です。


756_09_2

これだけ小さい部品を扱えるハンダ鏝は所持してません。思いついたのが、Athlon XP のブリッジクロースで用いた手法。ホルマル線なので、最初はすごい煙と臭いが出ますが、10分もすれば真っ黒になってしなくなります。


756_10

756_11


悪戦苦闘の結果、取り外しに成功しました。吹けば飛ぶようなブツで、これは人間が手作業でどうのこうのするものではありません。外した後も、写真を撮ってパターンに損傷が無いか、ブリッジができていないか詳しくチェック。

756_06

756_07


さて、シールドケースに穴を開けてテフロン同軸を通す指示があります。3/32 inchまたは#41のドリルで穴を開けよと。φ2.4mmを調達し、ハンドドリルで穴をあけました。これも、道具が必要だし、やったこと無い人にとっては難関となると思います。詳しい穴あけ位置の説明もありませんし。

756_08

同軸を通して、外皮をシールドケースにハンダ付け、完了しました。時間がかかり、めんどうな作業です、これ。


756_13

取り外したチップ抵抗のランドに、このようにリード線がついた R と C をハンダ付けします。これも、殆ど見えないので非常に困難な作業。ひやひやしつつも、なんとか成功しました。


756_14 先ほど加工したシールドケースをかぶせ同軸ケーブルを R と C の片方にハンダ付けします。

756_17

756_18


最終的に電源 (+7.8V) と接地線を引き出し、ルーフィングユニットに接続し、スピーカーの前あたりにあるスペースに収めます。電源線が太くてうまくいかなかったので、細い青色の線を使いました。

756_20

さて・・・特性がどう変わったか??残念ながら良くわかりません。コンテストや強力なローカル局が存在する場合に効果がわかるものじゃないかと思われます。

※もし、当作業のご依頼があってもお受けすることはできません。なぜなら、あまりにもリスクが高く、前述したように無線機本体を壊してしまう恐れがあるからです。もし、ご自分で行う方に対してもアドバイス等は一切致しませんので、ご了解お願い申し上げます。

INRADさん、酷なものを作らないでください^^ このモデル用だけで、他は楽にできるようですが・・・ 

|

« TS-510Dのリストア一挙に公開 | トップページ | IC-4KL 重量級修理第2弾・・・(1) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
キットではフィルタが入ったままになりますので改善が実感できませんよねHi
私はTS-850用にキットではなく,フィルタのみを取り寄せてあります.
何としても効果を確認したく,テレダインのリレーで切り換えできるよう改造しようと計画してから1年,部品がまっさらの状態ですHi

投稿: Yamada | 2013年5月14日 (火) 21時12分

大変お疲れさまでした。
表面実装モノはただでさえ厳しい(FT-1000で懲りました)ですが、シールドの穴開けも大変ですね。
R-4CのSherwood mod.もキットという名前なのに、板金作業やら既存基板の改造やらあって難易度が高いと思いましたが、これは遥かに大変そうですね。
IC-756PROxの入手を考えていましたが、やめときます。
素直に、IC-7600あたりにしようと思います。

投稿: JH7CSU/1 | 2013年5月14日 (火) 21時14分

 これはあかんわ!! よーやらはる…

投稿: JI3KDH | 2013年5月14日 (火) 21時15分

ちなみ、InradのRoofing Filterは、IC-760PROとIC-775DX2にはインストールしたことがありますが、これに比べればとても簡単でした。
760PROはまったく問題なく誰でもできるでしょう。
775DX2はフィルターを簡単に取り付けられる場所がないので、結構あちこちバラして奥の方に入れたり、そのときに余計な配線を間違って外したり切ったりしないかを気をつけないといけないとか、コードを取り回したりするのが大変でしたが、ローガンでも問題ありませんでした。

投稿: JH7CSU/1 | 2013年5月14日 (火) 21時35分

Yamadaさん
TS-850だったらダメですが、IC-756はデュアルワッチの片方に入れるため、ルーフィングが無いもう片方と比較ができます。簡易的な受信機イジメテストをやりましたが、SSGのPhase Noiseが悪いためかはっきりとした効果がわからないです。

JH7CSU/1 Kimuraさん
IC-756系に限るようですが、安易に入手してもインストールできない・・・下手にやると無線機自体を壊してしまう結果となるので購入すべきではありません。壊れたとしてもINRADはその保証してくれないですし。
古い機種をどうにかしたいってときに良いんじゃないかと思います。

JI3KDH Sugiyamaさん
もーー、ホントにメゲました。後に引けないし・・・完成したのが奇跡かもしれません^^

投稿: JF3DRI | 2013年5月14日 (火) 22時01分

いやぁ 驚き、桃の木、山椒の木。すごいの一言でんがな。
わたいも昔にインラドの広告に惑わされて、餌をぱっくり やりかけたんでっけど、仕事の中身がどこかの雑誌か何かにレポされてたを見たんですわ。
それ見て「これは絶対無理や」と悟って釣られまへんでした。
これ ほんま 絶賛もの。技術料半端やおまへんでぇ。お疲れさんどした。たいしたもんです。尊敬の一言に尽きます。

投稿: JA3GN | 2013年5月15日 (水) 05時48分

JA3GNさん

自分の無線機の受信性能をグレードアップしたいのは良くわかりますが、これはいかんですよね。取説に赤字で AT YOUR OWN RISK を書いておくべきですよね。

投稿: JF3DRI | 2013年5月15日 (水) 10時45分

メインとサブRXは同じ回路でしたっけ.
SSBにてヒスノイズの感じが変わりますか?

投稿: Yamada | 2013年5月15日 (水) 12時33分

Yamadaさん

全く同一回路です。デバイダーで分配し、Mixerへ別の周波数を入れて、またコンバイナーで一つにするっていう構成。
SSBでは全く帯域が変化したのはわからないです。AMを受信してみて少し狭くなったかな・・・って感じです。説明書には下記の表記があります。

3. Will this mods allow for wide band SSB, AM and FM reception?

The overall widest bandwidth of the A-side will be determined by the roofing filter, which is about 5 kHz.
AM and FM will be degraded, but not excessively.Normal 2400 Hz SSB will not be affected. The B-side is
unmodified and it retains the full OEM bandwidth.

投稿: JF3DRI | 2013年5月15日 (水) 16時37分

コメントありがとうございます.
そうですか,変わりませんかー.
静かになってくれるといいなと思ってたんですが.

でもやってみよう,ヒマになったら,ならんけどHi
出来れば1st Mixerもいじりたい..

投稿: Yamada | 2013年5月15日 (水) 21時22分

偶然なんですが、今手元にIC-7600があります。コレ、Roofingを3k, 6k, 15kと切り替えられるのですが、普通の受信では全くその差が実感できません。

IF-DSPフィルターのシェープを変えると音質や感覚が一挙に変わりますが。

投稿: JF3DRI | 2013年5月15日 (水) 21時51分

IC-756PROⅢには、元々ルーフィングフイルターが付いてると思って使ってきました。
アイコムのホームページに、ルーフィングフイルター付と書いてあった記憶がありますが、老眼人の勘違いだったのカナ ?。
無知なので、的はずれなコメントを書きましたが、ご指的があればお願いします。

投稿: 佐竹 征昭 | 2016年5月10日 (火) 09時14分

この資料の通り帯域幅の広いルーフィングフィルターは付いていますよ。

投稿: JF3DRI | 2016年5月10日 (火) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/57383786

この記事へのトラックバック一覧です: IC-756PROIIIへのルーフィングフィルター取り付け:

« TS-510Dのリストア一挙に公開 | トップページ | IC-4KL 重量級修理第2弾・・・(1) »