« IC-731S修理・・・(1)受信不良 | トップページ | 第33回全市全郡コンテスト結果 »

2013年2月14日 (木)

IC-731S修理・・・(2)送信不良の原因

731s_07

送信がおかしい件、原因が解りました。どんな症状かというと。

・USB/LSBでも送信すると連続キャリアが
 でぱなっし。
・変調が全く乗らない。
・受信周波数のところで送信しなく、変な
 ところで電波が出る。
・ハムバンド外でも送信する (ゼネカバ受信中)

731s_11

 送信MIXの後、10W PA部へのコネクターを抜いてテストすると、ちゃんと信号は出ている。PA部にSSGから直接 +6dBm程度の信号を入れてやると12Wぐらい出てくる。。。おかしいなぁ~と悩んでいたところ、たまたま、この機種独自の外部アンテナ入力ジャンパーを外すと、出力が弱いながらも正常な電波が出てきた。ピンと来たのは、送信時も受信回路が働いている・・・


731s_09

731s_14


 送信時に、受信回路の電源供給をOFFするトランジスター、2SB562 のコレクター側に送信時も電圧が来て、受信回路が動作してしまってました。コレクター <=> エミッター間のショート。この先に故障したタンタルコンデンサーがぶら下がっているのではないのですが、道連れでショートしたと推定できます。左側の写真の通り、手持ちの一回り大きい規格である2SA1020に交換したところ、バッチリ直りました。
 要するに、送信時にアンテナ入力を通じて、受信回路も同時に動作してしまい、発振していたってことです。

731s_08

バックアップ電池も2.7Vと下がっていたので、交換しておきました。


731s_10

 今回の修理で交換した部品たち。
この後、キャリアポイントや、バラモジヌル点の再調整を実施。これで大丈夫だと思いますが、もう少し様子を見たいと思います。

前回にも申しましたが、この機種は小粒でぴりりと辛い、基本性能は良い機種と今回も触ってみて感じました。カンガルーポケットは例の如く壊れてました。

|

« IC-731S修理・・・(1)受信不良 | トップページ | 第33回全市全郡コンテスト結果 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ブログを拝見しただけで、いきなり731sの修理をお願いし、初対面にもかかわらず、快く引き受けてくださり有り難うございました。
 ややこしい故障のようでしたが、素早い修理完了と機器の到着で、大変助かりました。
 今後もどんな機器の修理状況がお目見えするか、ブログを拝見させて頂きます。
 また、機会がありましたら、お世話にならせてください。

投稿: Abe | 2013年2月18日 (月) 17時43分

Abeさま
送信不調だったので、少しあせりましたがなんとか修理にこぎつけました。パズルを解くような感覚で、推理が当たったときはホッとします。

投稿: JF3DRI | 2013年2月19日 (火) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/56761542

この記事へのトラックバック一覧です: IC-731S修理・・・(2)送信不良の原因:

« IC-731S修理・・・(1)受信不良 | トップページ | 第33回全市全郡コンテスト結果 »