« KH9/WA2YUN//B 6m beacon | トップページ | こそっとリストアしたものTS-311, TS-801 »

2013年2月11日 (月)

IC-720A 修理 ・・・(3) 完治は断念!!

720a_20

 続きです。結論として、ダイヤルUP不具合、そして別の症状の修理も断念して現状 (とりあえずは使用できる) で修理を完了することとしました。理由はピン数の多いデジタルICの交換に関して・・・・
・両面基板を使っているため、専用工具
 (半田吸取り機など)が必要であり吸上げ
 電線で行うと基板パターンの剥離なとを
 引き起こす懸念がある。

・内部に湿気が掛かった形跡があり、基板自体が水分を吸収し、リークを起している
 可能性も否定できず、IC交換しても完治する保障がない。
・上記の理由で2次被害が発生し、全く動作しなくなることも考えられる。

ということです。その他、多臓器不全を起しており、修復した箇所とできなかった箇所を次ページに記します。10Hzステップで使うと、違和感なしでUPができるし、修理はここまでとし、オーナーさまへ返却することと致します。
※てっとりばやく言うと、DRIラボの修理能力では限界です。


<ATTスイッチを入れると、全く受信できなくなる>

720a_13

720a_14


このユニットの中に入っているリレーの接触不良が原因でした。こんなリレーありませんので、取り外して分解、接点の清掃を行い、修復しました。

<ゼネカバ受信時1.6MHz以下の低い周波数で受信不可となる>
<PLLのロックアップタイムが長いバンドがある>

720a_16

720a_17


明らかにPLLユニットの不具合で、調整を試みましたが、弁当箱が3段積みになっているような構造になっていて、PLLユニット一番底。右の写真のところまで分解、取り出してみましたが、接続コネクターが短くて動作させたまま調整するのは不可能(コネクタ延長ケーブルが必要)なため、これも断念。無理です。

<28MHzの100W 化>

720a_15

 これもずいぶんと回路を追ってようやく解りました。写真の青色の線をカットすればOKです。これは完了。


※なぜ、あのようなメンテナンス性の悪い構造をしているかの考察

720a_21

 この筐体、モノバンド機の IC-251,IC-551 と同じなんですね。そこに、無理やり機能が盛りだくさんで複雑な回路をぶちこんだからだと推測できます。こうせざるを得なかったのだろうけど、修理泣かせの構造です。
※この機種に関しては、今後、修理は受け付けないこととします・・・所要時間、20時間、徹夜一回・・・メゲました^^

|

« KH9/WA2YUN//B 6m beacon | トップページ | こそっとリストアしたものTS-311, TS-801 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/56747205

この記事へのトラックバック一覧です: IC-720A 修理 ・・・(3) 完治は断念!!:

« KH9/WA2YUN//B 6m beacon | トップページ | こそっとリストアしたものTS-311, TS-801 »