« FT-401Dのリストア・・・(暫定完) | トップページ | FT-401D + FTV-650 »

2012年12月19日 (水)

FT-401Dのリストア・・・(測定編)

401_21

 お決まりのスプリアス測定編です。さて、YAESUさんの実力はいかに??
  (手持ちのFTV-650と並べてみました。TS-820と接続するように改造しているので元に戻す必要がありますが、サマになりますね!)


※測定データはあくまで私個人によって行ったもので、このデータが全てではないことをご了解願います。

※全て最大出力にチューニングした時のもの。120W (3.5MHz) ~ 90W (28MHz) と6JS6AがボケているのかYAESU機にしては少し控えめです。

401_s3r5

 

(3.5MHz)
第2が出てますが、規定をクリアしています。高次も見当たりません。


401_s7_1 

 (7MHz)
このスパンで見ると高いところに -46dB 下がって出てますが、それより近傍にヘンなのが出てます・・・最後に詳しく説明しますね。


401_s14

 

(14MHz)
第2は出ていますが優秀。問題ありません。


401_s21

 

(21MHz)
下側の低調波がありますが上側は全く無く、大変優秀です。(スパン100MHzに広げています)


401_s28

  

(28MHz)
21MHzと同様、下側の低調波がありますが、上側は全く無く大変優秀です。 (LPFが内蔵されたモデルだからかも)



(7MHzの詳細)

401_s7_2

401_s7_3


ズームしてみました。左は、さらに近傍へと。 -40dBぎりぎりかアウトのスプリアスが下側にあります。この詳細を追ったところ・・・
  送信7.000MHz ⇒ 6.020MHz
  送信7.100MHz ⇒ 5.920MHz

とダイヤルを回すと共に動いていき、送信周波数が高くなるほど、レベルが下がっていきます。周波数構成を見たところ、これは 1st IF (6.020MHz~5.520MHz)の素通りが原因と判明しました。詳しく回路を追っていないので不明なのですがトラップがあちこちに入っているのでその調整がズレているのかもわかりませんし、もともとこういう特性なのかもしれません。

7MHz以外は大変優秀な結果となりました。

|

« FT-401Dのリストア・・・(暫定完) | トップページ | FT-401D + FTV-650 »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 大変興味深いです。7MHzの場合、パワーを絞っても同じでしょうか?

投稿: 今井 弘一 | 2012年12月19日 (水) 22時50分

このスプリアスは、AMPが歪んで発生している訳ではないので絞ろうが同じです。基本的な周波数構成から来るもの。
Low IF, Low IFとメーカーが宣伝文句にしていますが、Low IFにするとこのようなことが発生することは明らかです。全ての周波数を一旦高い周波数に持ち上げる「アップコンバージョン方式」は理論的にコレが発生しないようにするための方式なのですがね。

投稿: JF3DRI | 2012年12月19日 (水) 23時22分

わたしが開局当時に使っていた401に対する正直な感想は、
「スプリアスでることろが沢山あるな、第二MixerからFilterにいくところにNoise BlankerをBipolar Tr.などで安くつくっていれたら、混変調特性はボロボロになるでしょう...Gainが大きすぎなのだから...」でした。
その後、Up Conversion機が出てきて、なるほど、スプリアスがごっそりなくなった! と実感しました (このためだったんだな! と理解した覚えがあります)

投稿: JA7TNO/JA1CTB | 2012年12月20日 (木) 01時21分

ノイズブランカーのテストは全くやっていないので、少し試してみます。facebookでも同様の指摘がありました。

投稿: JF3DRI | 2012年12月20日 (木) 16時11分

facebookは JA1CTB さんご本人でしたね。失礼しました^^

投稿: JF3DRI | 2012年12月20日 (木) 16時29分

昔々清水の舞台から飛び降りようとして思いとどまり  手に入れたFLDX400を使ってみたくなりました。ダミーアンテナ(100W電球)を接続し不安な気持ちを抑えながら、SW ON
ラジオじゃ無いのに何故か耳を澄ませて。
特に災害は発生してない様子。あれこれ確認しながら
キャリアバランスの調整 LSBモード マイクゲイン絞る。
PTT ON モニター受信機に耳を傾けながらマイクゲイン
上げる。良い音では無いが 音声は確認出来る。
マイクゲインを下げる。 送信周波数の上下50KHz程度の幅で 受信機がざわついている。寄生はっしん?
乱暴とは知りながら クリスタル発信回路の全ての
真空管を抜き取ってしまいました。 相変わらず
ざわつき変化無し。寝ては夢起きてはうつつ幻の    その頃気ままな出来事を拝見する事になりました。 
FT-401D リストアの記事に巡り会い
中和 中和だ 中和を取った結果ざわつきも綺麗に
無くなりました。 ダミーに接続したオシロの画面から
荒っぽいホワイトノイズの様な力強い景色が消えました。あまり嬉しくって ご迷惑を省みず投稿致しました。
さて次はメカフィルその他 及びFRDX400リストアと
今年も ゆっくり 遊びたいと考えて居ます。
素晴らしいヒントを有り難う御座いました。  

投稿: 原 道正 | 2015年1月18日 (日) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/56352257

この記事へのトラックバック一覧です: FT-401Dのリストア・・・(測定編):

« FT-401Dのリストア・・・(暫定完) | トップページ | FT-401D + FTV-650 »