« VFO-1の怪(?) | トップページ | 懲りずに 熊本シティースタンダード »

2012年11月26日 (月)

TX-88A+VFO-1による50MHzAM結果

Vfo1_13_2

VFO-1を使ってTX-88A最も高い周波数である50MHz AMを出してみました。 結果は 3.5W程度 しか出なかったです^^
初段/次段の逓倍に使ってある 6AR5 6AQ5 に一時的に変えてみたところ4Wちょっとまで上がりましたが、終段管の807を50MHzで使うのはちょっとキビシイようです。50MHzはオマケ的な機能でタンクコイルも2回しか巻いてないし配線長なども全く考慮していないので、こんなものかもしれません。

後継のTX-88Dでは12BY7A⇒S2001/6146Bになっているので、良くなっているんでしょうけど。

Vfo1_14

 スペアナで見たら、こんな感じ。第2高調波のレベルが高く、過去関西のアナログTVに存在した2CHへのTVIは免れない状態だったと推察できます。
 あと、結果的に他のバンドも含めてVFO-1のスプリアスは関係ないようで、水晶発振の時のものと大きな変化はありませんでした。
 (以上、このお遊びはこれで終了です^^)

|

« VFO-1の怪(?) | トップページ | 懲りずに 熊本シティースタンダード »

50MHz AM」カテゴリの記事

古い無線機/軍用機」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

よく動く(動作するではない)オシレーターねぇ。Hi しかも3wも出力があったとは知りませんでした。それでドライブしても4wとは情けない。

UY-807はFmaxが60mhzだったと記憶していますが、現実には28Mhzが限界でしょう。やはり自作の6m送信機では2E26が全盛でした。832A/829Bも結構使われたはずですが(DELICAの送信機など)素人には扱いにくい球でした。なにしろPP動作仕様なのでVCとかコイルが素人自作には手が出しにくかったんです。

そのころの受信は9R-59+CC-6だったかなぁ。6mで初めてDXとやれた時はBC779+自作CONV、水晶制御の2E26/10wAMでしたが80mのWindom ANTにカプラで乗せてVK4NG、VK4PSなどとQSOが出来たんですからのんびりした時代です。

JARL大阪クラブの講演で6m3エレ八木の話を聴いて羨ましかったですねぇ。アパート住まいの時代でしたからビームなんて夢のまた夢でした。

投稿: JA3GN | 2012年11月27日 (火) 20時16分

山崎さん、いろいろとありがとうございます。

807でも、最短配線、アースの取り方、VCを小さい容量のものを使う、パラ止めの改良などの配慮をすれば、もうすこしマシな動作をすると思いますがこのままではダメそうです。2E26が付いたモデルだったらもっと出るのかもわかりませんが。

VFO-1からは回路をよく見ると3W出る6AQ5のプレートから30PFを通してのハイインピーダンスでカップリングしているので、ドライブのしすぎにはならないようです。

AMでVKと交信ですか・・・味がありますね。そういえば、6mで初めて聞いた南米がAMだったような・・・

投稿: JF3DRI | 2012年11月27日 (火) 22時26分

西村さん、今日は交信有り難うございました。
いつも貴Blogを拝見しておりましたので、お会いできてたいへん嬉しく思います。
当方、TS-520やTL-922を再度動作させたいと考えておりますので、アドバイス等いただければ幸いです。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: JA1AAA | 2012年11月27日 (火) 22時56分

JA1AAA小林さま
40m SSB での交信ありがとうございました。めったにSSBには出ないのですが、たまにはPhoneも使わないと・・・ってことでQRVしてました。

TS-520、40mでメインとして使うには受信的にキビシイところがありますが、聞いていて疲れない音質なので是非ともリストアされてください。

投稿: JF3DRI | 2012年11月27日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/56197808

この記事へのトラックバック一覧です: TX-88A+VFO-1による50MHzAM結果:

« VFO-1の怪(?) | トップページ | 懲りずに 熊本シティースタンダード »