« TX-88Aのリストア・・・(測定編) | トップページ | 変調トランスを変えてみた »

2012年11月23日 (金)

TX-88Aのリストア・・・(変調編)

88a_33

 測定編の続き、変調のかかりぐあいをオシロスコープで測定してみました。TX-88Aの変調音は、はっきり言ってイマイチです。
 (写真は変調器に使っている6BQ5x2)


88a_30

「はーろ、はーろ、あ゛~、ぁ゛~」 とマイクに向かってやっていたら、私の悪声を拒否したのか、突然変調が掛からなくなってしまいました^^ 6BQ5への電流は流れているのに~。PP回路のプレート間をテスターで測定すると ゼロΩ あちゃ~変調トランスがショートしちまったのかと懸念を抱きながら、配線図を見ると変調トランスのPP間に 0.01μF のチューブラーコンデンサが入っている。コレだ!! とばかり外してみると、完全ショートしていた。このコンデンサは無くても良いのですがね~。

88a_31

88a_32


1kHz近辺のシングルトーンをマイクから拾って、オシロで観測してみたのが上の写真。正弦波なのですがキレイな変調とは言いづらいですね。ただ、右の写真のように100%まで掛かるようです。ちなみに・・・

2445_5

 これが最も正しい波形で SSG HP 8657B 100%AM変調を見たものです。また、参考までに過去に自作した変調器付きブースタはこんな波形でした。(自作の方は100%に至らないけど、ちょっとだけキレイ)


88a_40

最終的これらを動作(運用はしない予定^^)させることが目標で、タダ今 VFO-1 の整備/測定に取り掛かっています。

|

« TX-88Aのリストア・・・(測定編) | トップページ | 変調トランスを変えてみた »

古い無線機/軍用機」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

やはり変調トランスの容量とインダクタンスが小さすぎると思います。昔々の土屋電機が売っていた変調トランスはもっと大きかったですよ。
1619PP(6L6の代わり)で807を変調したんですけどね。懐かしいことを思い出しました。測定器なんて全く無かったのでひどい波を出してたんでしょうなぁ。
知らぬが仏、めくら蛇に怖じずです。

投稿: JA3GN | 2012年11月23日 (金) 20時12分

山崎さん、音が悪いのはそのとおりだと思います。変調を深くすると、変調トランスがビンビンうなりますので飽和しているような感じ。
インダクタンス不足で低音が全くでないのも。
LUX製40Wタイプの変調トランス(7AM42)を仮に繋いで遊んでみましょうかな。

投稿: JF3DRI | 2012年11月24日 (土) 14時29分

初めまして、TX-88Aのことでききたいのですが、宜しくお願いします、リレ-がチャタリングが起きて、良くわかりませんリレ-の周りを点検したところ、に行く電圧が変どうが止まりません、因みに12Vなったり14Vなるので今、思案中です、良いアドバイスがありましたら、宜しくお願いします

投稿: 上野浩史 | 2016年5月 9日 (月) 14時06分

キャラメル型のセレン整流器の不良だと思います。

投稿: JF3DRI | 2016年5月 9日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/56172948

この記事へのトラックバック一覧です: TX-88Aのリストア・・・(変調編):

« TX-88Aのリストア・・・(測定編) | トップページ | 変調トランスを変えてみた »