« アルインコEL-06B 50MHzリニアアンプのてこ入れ | トップページ | TS-120V修理・・・パワーが少ししか出ない »

2012年9月15日 (土)

TL-922電源スイッチ破損、交換

922sw_00

 電源スイッチが突然入らなくなり、交換となりました。TL-922が持つ傾向不良(持病)の一つのようで、検索すると事例が沢山、出てきます。あ、これは自分のTL-922デスHi。
 (写真は交換後のもの・・・)


922sw_02

 同じスイッチの入手なんて不可能じゃ・・・とアタマをよぎりましたが、確かこちらの方が入手して交換していたことを思い出し、連絡したところ手持ちがあるとのことで、2つわけていただきました。
 これ、オータックスの汎用品のようですね。


922sw_01

 TL-922のフロントパネルを外すのは初めて。パネルは楽に外せるのですが、交換は結構やっかいです。


922sw_03

 破損した電源スイッチを分解してみました。接点の不良とかじゃなく、カチカチと何度もON/OFF繰り返しによるプラスチックの疲労破壊が原因のようです。経年劣化もあると思いますが・・・
 結構、このスイッチ、ON/OFFするのに固くて力が要りますもんね。


922sw_04

 

接点はこんな感じ。荒れていますが、大丈夫みたいです。


922sw_05

922sw_06


ついでに、側面パネルの接触部分の接地を良くする (筐体からの不要輻射を抑える) ため塗装を剥がして密着するよう、手を加えるとともに、これまでやってきたModsに関して問題は無いか再チェックしておきました。
  ・・・結果として全く問題なく、ずっと安定して働いてくているし、多数のModsは間違いないことを再確認いたしました。

|

« アルインコEL-06B 50MHzリニアアンプのてこ入れ | トップページ | TS-120V修理・・・パワーが少ししか出ない »

TL922」カテゴリの記事

リニアアンプ」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/55667252

この記事へのトラックバック一覧です: TL-922電源スイッチ破損、交換:

« アルインコEL-06B 50MHzリニアアンプのてこ入れ | トップページ | TS-120V修理・・・パワーが少ししか出ない »