« イタリア製リニアアンプの修理(1) | トップページ | イタリア製リニアアンプの修理(完) »

2012年7月29日 (日)

イタリア製リニアアンプの修理(2)

Hla300_3_2

 イタリアから直接、届きました。4つの石と共に、バイアスのMods用VRも同封されていました。
 (なかなか、すんなり 行かず、てこずってます)


Hla300_7

 石を取り外そうとしたのですが、ハンダ吸い上げ電線が効かない・・・それにハンダが溶けにくい。。。。
 むむむ、原因は「鉛フリーはんだ」でした。そこで、ハンダ吸取器 (HOZAN ソルキューH-959) と鉛フリー対応ハンダ吸い上げ電線を急遽、仕入れました。


Hla300_7a

 かなり苦労して取り外しに成功。4つのトランジスタのうち、ひとつがオープンモードで故障してました。一般的には、ショートするのですが、電圧計で測定しても解からない訳です。


Hla300_8

 取りつけ、そして組み立てまで完了。バイアスのMods VRを付けてアイドリング電流が1.3Aになるように と指示されています。とりあえず、現状でのアイドリング電流を測定したところ・・・ 
1A ⇒ 1.2A  ⇒ 1.5A ⇒ 2A 時間と共にどんどん増えて5A近くまで・・・「電流暴走だ、こりゃ、やばい」とOFF。
 部品配置を良く見ると、温度検出ダイオードがトランジスタに密着しておらず、別のところに付いている、これでは暴走して当たり前。
 しかし、交換前は、なぜ暴走しなかったのかしら?  基本中の基本が守られていない気がしてなりません。

|

« イタリア製リニアアンプの修理(1) | トップページ | イタリア製リニアアンプの修理(完) »

リニアアンプ」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様です。修理も大変ですねぇ。ところで鉛フリー半田用の吸い取り電線て今までのと何がどう違うんですか?教えて下さい。
半田の融点が高いのは知ってるんですが・・・。

投稿: JA3GN | 2012年7月29日 (日) 08時03分

山崎さん

おはようございます。購入した吸い取り線はホーザンのこちらで、下の方に「吸い取るまでの時間」というグラフが書いてありますが、なぜこれが鉛フリーに有効なのか、どんな成分を含んでいるのかは不明です。感覚的には、フラックスが異なるようですが・・・
PBフリーはんだは、光沢が無く、脆くて割れやすいので、アマチュア用としては使いたくないです。

投稿: JF3DRI | 2012年7月29日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/55302091

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア製リニアアンプの修理(2):

« イタリア製リニアアンプの修理(1) | トップページ | イタリア製リニアアンプの修理(完) »