« ACアダプターからのノイズ測定 | トップページ | TM-541・・・出戻り再入院(断念) »

2012年5月 5日 (土)

TM-541・・・出戻り再入院(1)

Tm541_01_2

電源が入らないとのことで修理をしたTM-541 今度は、受信音が出ないとのことで再入院となりました。

原因は目視でわかりました。


Tm541_02 Tm541_03

 前回見逃したのかは不明ですが、電解コンデンサからの液モレです。1個だけじゃなく、複数個ダメになっているようで、すべて交換する必要がありそう。
 右側は裏面ですが、基板のスルーホールまで腐食している可能性があり、私の老眼も含めてやっかいです。

|

« ACアダプターからのノイズ測定 | トップページ | TM-541・・・出戻り再入院(断念) »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

ちょっとやっかいですね。スルーホールも侵食してしてそうですし。90年初頭のRIGなので4級塩かも?
ところで当方も老眼進行中です。もうハンディー機の修理は無理そう。
あ、先日の7MHz 8J3AのOPはDRIさんですよね?

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2012年5月 5日 (土) 22時46分

斉藤さん、こんばんは。

この頃の無線機はコンデンサ全滅ですね。TS-520なんて、30年以上なのに平気。

はい。5/3午前の池田市からの8J3Aはワタシがちょっとだけやってました。「OP JF3DRI」と打ったのをちゃんとコピーしていただけたんですね^^
 それと斉藤さん、またどこかでアイボールでも。

投稿: JF3DRI | 2012年5月 5日 (土) 23時19分

80年代、70年代のRIG(電解コンデンサ)は丈夫ですよね。PCB入りだから?かわかりませんが、容量抜けも思ったほどありません。
8J3Aはわかりましたよ。「あれ、いまOP DRIと打ったよなあ」と突然の出来事にTU 2回打つのがやっとでした。coldsweats01
ペディション並みの素晴らしいオペレートで、しばらく聞き惚れてました。
今年は関ハムへ行きますので、そこでアイボールできたらよいですね。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2012年5月 6日 (日) 08時15分

コンデンサ本人だけ逝去いただければと存知ますが、周りのありとあらゆる部品を巻き添えにしてしまうので、やっかい。尊い数多くの無線機 (無線機だけじゃーないですね。マザーボードしかり) の生命を奪う罪つくりであります^^

8J3A・・・RIGが初めて使うIC-756PRO、操作がイマイチ良くわからず、上手く取れずトチってばかり。おまけにIC-4KLもスイッチオンさせてもらいましたので、弱い信号を何度も聞き返してしまいました。

詳しくはありませんが休日は公開運用されているようなので、斉藤さんもオペレーションしに行けばいかがでしょうか?

投稿: JF3DRI | 2012年5月 6日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/54640129

この記事へのトラックバック一覧です: TM-541・・・出戻り再入院(1) :

« ACアダプターからのノイズ測定 | トップページ | TM-541・・・出戻り再入院(断念) »