« 今年もJARL奈良県支部大会に | トップページ | TS-700GⅡ修理・・・お前もか! »

2012年3月 7日 (水)

TS-600修理・・・お前もか!

Ts600_10

 TS-820Sと同時に預かった TS-600 の修理、症状は
  ・VFO発振停止・・・TRIO機共通みたい。
  ・ランプ切れ
  ・各VRガリ
  ・送受リレー接触不良

                 一応完了しました。


Ts600_00 発売当時は、高級な無線機でした。メインダイヤルは非常にしっかりと良くできています。VFOを使ったTRIO機の共通症状である発振停止がところどころで発生しているものの、大きなトラブルはなさそうです。汚れはヒドイけど。


Ts600_01

 分解です。メインパネルがヒンジになっており、斜め前に倒すことができます。そうなっていても、配線がごちゃごちゃしていて、ここままで分解するのは簡単ではありません。


Ts600_02

 VFOの分解。TS-520/TS-820とほとんど同じですが、発振周波数が8MHz台、1MHzカバーとなっています。これまでと同様に、VCの接触部分を洗浄・接点調整です。


Ts600_03

 今回はスペアナを使って確認しました。これをみて「えらいスペクトルが綺麗」と感じた方はツウです。TS-520は高調波盛りだくさんなんですが、このVFOは、LPFが内蔵されていて、-50dB以下に押さえこまれています。たいしたもんですホント。理由は・・・プリミックスVFO方式だから です。


Ltght_1

 VFOの修理、ガリオームの修復、ムギ球の交換を行ったあと、組み立てると・・・あらら、メインダイヤルのランプが切れました。フィラメントが弱っていてちょっとした振動で切れてしまうんですよね。古いやつは。


Lighi_2

 この電球、手持ちがありません。じゃ、作ってやろうじゃないかということで、電球をカチ割って電球色LEDを取りつけました^^ ガラスの破片が飛び散るので、良い子はマネしちゃダメです。
(1kΩの抵抗を直列に付けています)


Light_3

 ちょっと見づらいですが、こんな風に。
トップの写真を見てください。違和感ないでしょ・・・。
あとは、リレーをカチャカチャ何度も動かすこと、接点が元に戻り、Sメータ調整などをして完了としました。

|

« 今年もJARL奈良県支部大会に | トップページ | TS-700GⅡ修理・・・お前もか! »

古い無線機/軍用機」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

 当時友人のところで何度も触らせていただいたんですが、RJX610を使ってた自分にはあこがれの一台でした。参考になります。

 しかし測定ミスではないかと思うくらいのスペクトルですね(^^;

投稿: JI3KDH | 2012年3月 8日 (木) 22時24分

 TS-600同様にガキの時代の無線機で、買いたくても高価でだめでした。改めて回路を見ると、なかなかうまく作ってあり、感度も今の機種と全く遜色ありません。

投稿: JF3DRI | 2012年3月 8日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/54162873

この記事へのトラックバック一覧です: TS-600修理・・・お前もか!:

« 今年もJARL奈良県支部大会に | トップページ | TS-700GⅡ修理・・・お前もか! »