« 今年も関西ハムシンポジウムへ | トップページ | IC-4KL修理・・・(6)電源到着 »

2012年2月 1日 (水)

ケノトロン

Keno_1

 タンガーバルブだと出品者が言ってたのですが、どうやらJA3GN 山崎さん のコメントどおり高圧整流管の “ケノトロン” のようです。
 (規格が解からないのですが、フィラメント点火してみました。)


Keno_2  3.25V, 13Aのフィラメントトランス (これ、電子レンジに入っていたマグネトロン用のもの) の1次側にスライダックを接続して、恐る恐る電圧を上げていったところ (もしタンガーバルブだったら2Vぐらいで20A流れるかもしれない・・・) 3.25Vまで上げても、写真の状態で電流も3.5A程度でした。
 この段階で、タンガーバルブじゃないと確信!!


Keno_3

  もっと電圧を印加して良いものやらわからないので、このままとしました。キレイといえばそうかもしれないけど、ちょっと物足りない。 (何がやねん!!)


Keno_4

  おまけとして、真空管式テレビに使われた高圧整流管を紹介。カラーテレビ用の3CV3 (Max. 35kV) とモノクロの後期で使われた1S2A (Max. 27kV)
これらは、何の用途もなく、ただの飾りにすぎません。

|

« 今年も関西ハムシンポジウムへ | トップページ | IC-4KL修理・・・(6)電源到着 »

真空管」カテゴリの記事

コメント

先日はお世話になりました、コールサインの似る者です。

ぼくも(半ば強制的に?)いただきまして、先程点火したところです。規格が全く分からずに10Vまで電圧を上げてしまった・・・無論、ダイジョブでしたけど。

さてどうしようかな、コレ(笑)。

投稿: JF1DIR | 2012年2月 1日 (水) 21時58分

JF1DIRさん
まいどです、先日はありがとうございました。
タンガーバルブだったら明るく輝くので照明や暖房器具代わりになるのですが、コレは使い道ないですね。逆に電流が3~4A程度なので、怪しい光を出すオブジェとして飾り物にしましょうか^^

投稿: JF3DRI | 2012年2月 1日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53879551

この記事へのトラックバック一覧です: ケノトロン:

« 今年も関西ハムシンポジウムへ | トップページ | IC-4KL修理・・・(6)電源到着 »