« TS-790S修理・・・(1)430MHz NG | トップページ | 今年も関西ハムシンポジウムへ »

2012年1月18日 (水)

TS-790S修理・・・(2)テクレ

Ts790_10  「PINダイオードが焼損した理由は何か・・・」 修理できたものの、気になっていたのが解かって、やっとスッキリです。
テクレ: テクニカルレポートの略で、修理業務に係わってらっしゃる方はイヤな言葉だと存じます^^


Ts790_te1  ネットで拾ってきたサービスマニュアルの最後に「PINダイオードの半田づけ不良」と題してテクレが付いていました。
何故、PINダイオードがこんなに熱を持って焼損するのか根本的な原因があるのではと考えていたのですが、まさにその通り。UM9401の規格をダウンロードして調べもしておりPINダイオードに流す電流が少なすぎるのではないかとも推察してました。

Ts790_te2

  原因は、アンテナのインピーダンスが50Ωより小さくなると高周波電流が増えてPINダイオードの損失を越えてしまうとのこと。
  で、対策はPINダイオードに流す抵抗を150Ω⇒100ΩにしてON電流を増やして内部抵抗を低減させ、損失を減らすというもの。やはりか・・。


Ts790_09

  基板を外すのは、出力のMコネクターの半田なども外す必要があるので、基板の上から強引に300Ωを並列に付けておきました^^これで、パワーの出方も少しアップし、問題の完全解決となり、真のメデタシメダシであります。

|

« TS-790S修理・・・(1)430MHz NG | トップページ | 今年も関西ハムシンポジウムへ »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

70cmもやっているの?
しかし、立派な空冷のダミーですね。

投稿: jf3lop | 2012年1月19日 (木) 00時04分

EMEをやりたくて、ロシア製の巨大な送信管を使って2m/70cmのキロワットアンプを作成する魂胆であります。
・・・っていうのは真っ赤なウソで、サテライトを少し覗いてみようとおもいまして、両方のバンドを同時ワッチできる機種を探していました。あと、50MHzと144MHzのGWの飛び方の違いにも興味があります。

投稿: JF3DRI | 2012年1月19日 (木) 20時31分

よかったよかった直って。
かわいがってやってーw

どうでもいいことだけど、その空冷ダミー ウチのに激似です(;´Д`)
どんなスペックのダミーですか?
うちのはDC-600MHz(SWR1.2以下)~700MHz(1.5以下)
の300W連続空冷可能なヤツですが・・・w

投稿: JF9BLA | 2012年1月20日 (金) 00時42分

そのダミーは、直流抵抗は何Ωでしょうか?

通常のHF帯のダミーは、50Ωなのですが
VUHF帯用は、54Ωだったりします。SWR値1:1
周波数によって補正されています。
50ΩのダミーだとHF帯では、1:1でも430Mhzでは1:1.5程度になりませんか?

何でそうなるのか、理由はわかりません。
私は、バードの純正ダミーを使い分けています。

投稿: NAO | 2012年1月20日 (金) 12時30分

まいどです。

ダミーロードに目が行ってしまいましたか・・・LOPさんは、MTGの時にご覧になっているハズですが・・

こちらに書いていますが、出所はおわかりかと思います。

430MHzでSWR=1.5になるのならダミーのF特が悪いからでは? 自作のダミーでも周波数補正板は付けています。これが無ければ、50MHzでもSWRが上昇してしまいます。

投稿: JF3DRI | 2012年1月20日 (金) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53768537

この記事へのトラックバック一覧です: TS-790S修理・・・(2)テクレ:

« TS-790S修理・・・(1)430MHz NG | トップページ | 今年も関西ハムシンポジウムへ »