« TS-790S修理・・・(2)テクレ | トップページ | ケノトロン »

2012年1月29日 (日)

今年も関西ハムシンポジウムへ

Hamsmpo_0

 今年も、TwitterやGoogle+でいつもダベっている方々が集まるってことで行って参りました。目的は、各位とのアイボールと、ジャンク漁り・・・そして、少しだけのジャンク出品です。


Hamsmpo_2

 昨年は会場が狭くて、ぎゅうぎゅう詰めだったのですが、今年は広いホールが開放され、幾分楽でした。当然ですが、メーカーの出展はありません。


Hamsmpo_3

 ここのブースにお世話になりました。
(ちょっとピンボケ)


Hamsmpo_4

 で、戦利品ですが・・・まずこれは戦利品じゃなくて、身内同士の不用品交換というか・・・ (若干、強制おもちかえりも)
 某氏からの 150kV耐圧 (1kVでも10kVでもありませんョ) の整流ダイオードと、タンガーバルブ、水銀蒸気整流管 サイラトロンこんなもの、何で持っているの??? と・・・
 1958年のアマハンと 6JM6 は、はるばる関東からお越しの私のコールに似た方から。


Hamsmpo_5

 BNCコード類は、測定器用にと。(@200-) , TDKのDBMはメンバー内にてオクで共同購入したもの。#43材のコアは頂き物。あと、ハイパワー関係では2SK410を8本使用した試作機のような基板が販売されていたのですが、気になりつつも断念しました。


Hamsmpo_6

 番外編①・・・・イラストに堪能な方のQSLと、本物の漫画家さんの冊子など。この関係の才能は私には全くありません^^


Hamsmpo_7

 番外編②・・・・これ、上記ワンエリアから来られた方から頂いたもの。0.1℃刻みに目盛りが振ってあり、校正してある高精度な水銀温度計とのこと。たぶん、高価なものなんでしょう。温度のリファレンスとして利用させていただきましょう。


※アイボールいただきました多数の方、ありがとうございました。楽しい一日を過ごすことができました。


<追加>

Hamsmpo_8

 書き忘れ・・・ これもゲットした。年代物だけど Jennings 社のバキュームリレー。写真では良くわからないけど、電極引き出し部には ウランガラス が使われている。

|

« TS-790S修理・・・(2)テクレ | トップページ | ケノトロン »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

>150kV耐圧整流ダイオードとサイラトロン
私も持っています。
レーダー本体もあります。

何で持っているのかな????

投稿: NAO | 2012年1月30日 (月) 04時47分

さすがに、レーダで使うマグネトロンはありません^^ 5C22というもっと大きなサイラトロンは頂き物がありますが・・・
150kVのダイオードは、どうやら医療用 X線装置の電源のようです。X線そのものを発生させるクーリッジ管も所持してませんが^^
いづれにせよ、ゲテモノですね。

東芝のK-38Eというタンガーバルブのフィラメント規格解かりませんかね? 2~3Vで20A程度、あるいはそれ以上なのかな。

投稿: JF3DRI | 2012年1月30日 (月) 20時22分

K-38EではありませんがK-42Eというのは心当たりがあります。このシリーズは多分同系統だろうと思いますが、東芝のX線発生機用高圧整流官でK-42Eというのがあります。
これはタンがーバルブと同じような捻じ込みソケットを使います。そしてK-42Eのフィラメント電圧などは4.5V×4Aぐらいだったと思います。
もともと高圧が作れればいいのですから大電流(10Aとか20Aなど)を流すような設計ではありません。
K-42Eはプレートが銅の筒で作られていましたからK-38Eが同じような形であれば同系統の品物だろうと推察いたします。
大昔のことですから、これ以上の知識はありませんがタンガーバルブの型番はTで始まっていたような記憶もあります。(定かではありません)
Kはケノトロンの頭文字ーKだったはずなんですが???耐圧とか逆耐圧については全く記憶がありませんのでごめんなさい。
しかし、DRIさんの所にそんなものがあろうとは お釈迦様でも気が付くめぇ ですわ。びっくりしました。しかい、お宝ではありませんなぁ。(笑)ごみに近いです。
以上 ご参考までに。

投稿: JA3GN | 2012年1月31日 (火) 20時30分

JA3GN山崎さん
さすがは山崎さん、別記事に書きましたが間違いなくケノトロンですね。出品者が騙されて購入したのかも^^ 高圧整流ダイオードとあわせて、これらはX線装置からのジャンクのようですね。
ありがとうございました。

投稿: JF3DRI | 2012年2月 1日 (水) 21時54分

一番最後のジェニングスのリレーもっています。
サーベイメータで測っても、全然振れなかった。

投稿: JF3LOP | 2012年2月 2日 (木) 00時56分

JF3LOPさん
JenningsでもEimacでも製造された年代によって、ウランガラスを使ったものと使っていないものがあり、古い製造のものが良く使っているようです。ピンの部分が黄色くないですか? 黄色かったらウランガラスです。
古い4-65Aにも使われています。

投稿: JF3DRI | 2012年2月 2日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53855289

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も関西ハムシンポジウムへ:

« TS-790S修理・・・(2)テクレ | トップページ | ケノトロン »