« いたみ_520X_01・・・完了! | トップページ | いたみ_690mK2_00・・・どうするべきか »

2011年11月 3日 (木)

納品そして新しい修理預かり・・・

Ft690_0  TS-520D, TS-520X, TM-541が無事に本日納品となったのですが、追加で故障したFT-690mK2, IC-723S+AT160を預かることとなりました。
 さっそくFT-690mK2を調べているところ。ザー音は出るのですが、全く50MHz帯が受信できません。周波数表示がちゃんと出るのですがPLLが全く発振していない模様。さて、修理できるだろうか・・・完全に修理屋になっている私であります。

|

« いたみ_520X_01・・・完了! | トップページ | いたみ_690mK2_00・・・どうするべきか »

古い無線機/軍用機」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは,690を預かったことがありますが,周波数表示用のコントローラとPLL用のMCUが別なんですね.
何台か見ましたが,周波数のほうは表示されていてもPLLデータ用のMCUのポートがビット落ちしてるってことがありました.

投稿: Yamada | 2011年11月 4日 (金) 17時33分

ごめんなさい
mkⅡはまったく違う話でしたね.

ザー音が出てるようでしたらビット落ちで周波数が飛んでることがあるかもと思ったものですから..

投稿: Yamada | 2011年11月 4日 (金) 17時43分

yamadaさん
FT-690の件は、貴ブログを拝読して確認済みです。mk2は、全くと言って良いほど回路が違うんですよね。大まかな原因が掴めましたが対処方法をどうするか悩んでいます。yamadaさんならどうするか、是非ともご意見ください。近日中に新しく書きますので。

投稿: JF3DRI | 2011年11月 5日 (土) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53154072

この記事へのトラックバック一覧です: 納品そして新しい修理預かり・・・:

« いたみ_520X_01・・・完了! | トップページ | いたみ_690mK2_00・・・どうするべきか »