« 平川_520X_01・・・100W化は完了したけど | トップページ | 河合_520X_00・・・ミイラ取りがミイラに! »

2011年11月27日 (日)

平川_520X_02・・・修理完了

Gvc_520_20  100W化および、もろもろの修理が完了。オーナーの元へ発送しました。もろもろの内容を続きに記載しましたので、ご覧ください^^

(写真は100W確認中)


<VFOの発振停止>

Gvc_520_09

Gvc_520_08


VFO分解。やはりローターとアースの接触部分が問題だった。良く見ると、錆びも・・・VFOの中まで湿気が回ったのかも。右の写真は、独立で電源供給しスペアナで発振停止しないかテスト中。

<マーカーユニット>

Gvc_520_10a_3

Gvc_520_10b


マーカーの発振周波数がズレていたので、トリマーを調整しようといたところから廻り・・・半田で修復を試みたもののダメ。手持ちのトリマーに交換しました。

<不明の半固定VR>

Gvc_520_12_2

Gvc_520_12a_3   


手前に付いている半固定VRが破損しているのを発見。中古だが、これも手持ちのを付けておいた。このVRは、海外版の配線図には載っておらず、後から付加したものと思われる。ALCレベル関連のようですが、調整法がわからず、適当な値にしておいた。

<その他>

Gvc_520_13

 バンドスイッチ類のガリは、キッチンペーパーにこれを付けて洗浄。100%のIPAじゃないけど。


Gvc_520_16

 普通は、トランスバータ端子に何も付けなくとも良いのだが、オーナーさまからは、購入した時からこうなっていたとの事。良くわからない・・・ジャンパー線が入っていて、付けないと、SG電源とアンテナからの入力が切り離されてしまう。これは、そのままにしておいた。


※かくして、3台目もなんとか修理できたのであります。

|

« 平川_520X_01・・・100W化は完了したけど | トップページ | 河合_520X_00・・・ミイラ取りがミイラに! »

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

 確か純正トランスバータ(TV506,502)を接続する時は、あらかじめ本体側で何かをする必要があるとかいう記述を取説で見たような気がします。どこかにその取説があったはずで、家探しして発掘できたらまた改めてご報告いたします。

投稿: JI3KDH | 2011年11月28日 (月) 20時38分

TS-52OS, TS-520Vは、トランスバータスイッチが付いているんですが・・・。確かにTRVを接続する時に親機のファイナルの動作停止と、HFアンテナ切断が必要なのは確かです。

投稿: JF3DRI | 2011年11月28日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53346895

この記事へのトラックバック一覧です: 平川_520X_02・・・修理完了:

« 平川_520X_01・・・100W化は完了したけど | トップページ | 河合_520X_00・・・ミイラ取りがミイラに! »