« いたみ_520D_1 完了 | トップページ | いたみ_520X_00 ・・・大苦戦! »

2011年10月22日 (土)

いたみ_TM541_xx 修理完了まで。

Tm541_07

TS520D, X と共にお預かりしたKENWOOD TM-541 (1200MHz 10W機) 「電源が入らない」とのことでしたが、修理が完了しました。
 完了まで、ちよっと詳しく書いてみます。


Tm541_00

 「電源が入らない」との事でしたが、調べると「電源は入っているのに表示が出ない」でした。スケルチがかかっていて、音が出なかったため、そう判断されたものと察します。


Tm541_01

 ネットを調べると、このシリーズ、液晶基板とCPU基板とのコネクタ接触不良、或いは半田クラックで良く発生するとのこと。
 分解していきます。


Tm541_02

 この基板間のコネクターが接触不良を起こすとの事。基板どおしなので、長年の使用で、力の入り具合や基板の反りから、そうなることは想像できます。このコネクタを掃除することで、正常になりました。メーカ修理に出すと、リボンケーブルで直接半田付けするらしいです。


Tm541_03_2

 それで「完了」・・・じゃなかった。メモリーや周波数が電源OFFすると、ふっ飛んでしまいます。そう、リチウム電池切れ


Tm541_04

 純正品は高価なので、CR2032 + ソケットにでもしようかと考えたのですが、こういうのがオクで出てので入手。@210円でした。


Tm541_03_3  もう一つ分解すると、こういう形でタブ付きのリチウム電池が付いています。


Tm541_1

 本体は空間がいっぱいあるので、ぶら下げておけば良いと思いまして・・・。


Tm541_06

 はい。ちょうど良いスキマがありました。
これで、メモリーも正常となりました。マイクが無いので送信系のテストはやってませんが、大丈夫そうです。
 TCXO も12.8000MHzに調整しておきましたので、周波数ズレも大丈夫です。

|

« いたみ_520D_1 完了 | トップページ | いたみ_520X_00 ・・・大苦戦! »

古い無線機/軍用機」カテゴリの記事

無線機修理/リストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/53056869

この記事へのトラックバック一覧です: いたみ_TM541_xx 修理完了まで。:

« いたみ_520D_1 完了 | トップページ | いたみ_520X_00 ・・・大苦戦! »