« 施工ミス修復(その2) | トップページ | 施工ミス修復(完了!) »

2011年6月23日 (木)

ラムダダイオード

  ネットをうろついていたところ、すこし変わった回路を発見。NチャンネルFETとPチャンネルFETを組み合わせたもので、これで負性抵抗特性(negative resistance)を持つようでラムダダイオード(Lambda diode)というものらしい。負性抵抗と言えばトンネルダイオード(いや日本人なら江崎ダイオードの方が名が知れているかな。)で、電圧が上昇すると電流が減る不思議な特性ですよね。

Lambda

  応用として、図の右側にあるように2端子素子にもかかわらず単に共振回路をくっつけるだけで発振回路となる・・・
  更に探してみたら、VK5BR Lloyd Butler氏がディップメータに応用していた。ここのWebには非常に詳しく理論も記載してある。(VKのアマチュア無線雑誌AR Magazineの筆者? Wireless Institute of Australiaとのことですが・・)

Pチャンネルの高周波用FETが入手困難(何が良いかなぁ)であるれど、実験してみたい回路であります。

|

« 施工ミス修復(その2) | トップページ | 施工ミス修復(完了!) »

電子部品」カテゴリの記事

コメント

最近並列型で試してみますと、より素直な特性のように感じられました。

投稿: nekonoko | 2011年11月 1日 (火) 14時12分

書き込みありがとうございます。
適当にP-chも入手したのですが、実験しないで放置状態となっています・・・ww

投稿: JF3DRI | 2011年11月 1日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/52024348

この記事へのトラックバック一覧です: ラムダダイオード:

« 施工ミス修復(その2) | トップページ | 施工ミス修復(完了!) »