« 東日本大震災お見舞い申し上げます。 | トップページ | 開局当初へ(50MHz AMへの復帰)(その2) »

2011年3月20日 (日)

開局当初へ(50MHz AMへの復帰)(その1)

 甚大な被害をもたらした震災。こちらには影響は無かったと言え、心理的にどうしても自粛ムードになってしまいます。被災していなかっても、連日のニュースで緊張するばかり。
 しかし、自粛して良くなる訳でもないし、せめて自分の心だけでも健康にしておいた方が・・・少し開き直った考えをし出した最近です。

上記とは関係ありませんが「移動する局」の免許を取得することを決めました。いろいろと考えが巡り、開局当初に使っていた松下の RJX-601 変調器付ブースタを復活させるべく、まずは変調器を新調 (といっても頂いたジャンクを利用するだけですが)、目的は、もちろん「真のAM変調音」です。
※RF部と電源部は これ  これ です。

6v6pp

 ジャンク箱から十数年ぶりに取り出した6V6 Push-Pullオーディオアンプのシャーシです。この方からいただきました。


6v6pp_2  昭和33年と書かれていたので、50年以上経つもののようです。利用できる部品は活用したかったのですが、配線に使われている電線がボロボロになっており、シャーシ裏側は全ての部品を取り外し廃棄となりました。
 球のラインナップは6AU6 - 12AX7 - 6V6 pp で放送用アンプ(たぶん??)と思われます。


Photo

 これがTSSに提出した系統図です。RJX-601の取り説が残っていたので、それを元に作成しました。

TSSを通過し、現在審査中ですが、さてうまく働くでしょうか?

|

« 東日本大震災お見舞い申し上げます。 | トップページ | 開局当初へ(50MHz AMへの復帰)(その2) »

50MHz AM」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

西村さん
自粛に関する思い同感です。
アンプ1号機いいですねぇ、私もほぼ同様の仕様で高校のとき作ってました、6146Bパラでしたがもう跡形もなくなりました。あの頃は訳もわからずやってましたが今に比べるとはるかに気合が入ってました。そんな事を思い出しました。

投稿: jf3ipr | 2011年3月20日 (日) 23時09分

なんだか、自宅にいるときにはTVばかりみています。
見ても仕方がないのですが。
来週のWPXも出る気にならないし、このままQRTなんて
ことにならなければいいのですが。
いっちょう落ち着いたらドレークの整備とずっと言い続けているリニアなんて作り始めようかな。

投稿: JF3LOP | 2011年3月21日 (月) 01時16分

JF3IPR大前さん、JF3LOP北村さん
被災者の方々には申し訳ないのですが、報道を見ているだけで疲れるのですよね。特に、福島原発の収拾をどう付けるのか・・・ほっとしたり、ひやひやしたり。JARLの非常通信も、Twitterに流れてくるニュースも・・・全部見たり聞いたり読んだりしていたら、頭の中がパンクしそう。無線のオンエア状況も自粛ぎみだし・・・。だから、思い切って全ての情報メディアを遮断して、このアンプの自作に集中してみた次第です。

投稿: JF3DRI | 2011年3月21日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/51170374

この記事へのトラックバック一覧です: 開局当初へ(50MHz AMへの復帰)(その1):

« 東日本大震災お見舞い申し上げます。 | トップページ | 開局当初へ(50MHz AMへの復帰)(その2) »