« 手抜き料理 | トップページ | 土用の丑の日 「うなぎ」の食べ方 »

2010年7月 4日 (日)

Twitter雑感

 ごたぶんにもれず、いろんな方に勧められてTwitterを開始しました。まだ、始めて間もないのですが、自分なりの雑感をまとめてみました。

<ホームページ、ブログ、Twitterの時間的感覚>
 1.ホームページ
   ・ 1週間~1年更新という頻度でも通用するメディア。ただし、FTP転送が
     必要でリアルタイムには、向かない。
   ・ 過去の記録、研究成果などをじっくりと残すには良いと思われる。

 2.プログ
   ・ 名の通り「日記」なので、毎日更新するのが正しい使い方(?) 毎日
     更新してらっしゃる方も沢山いらっしゃるけど、私は、そこまで行かなく
     とも、書いた記事に対する“コメント”を頂くのが楽しみになっている。
   ・ 今日の出来事を発信するのに良く、連載で順次進む製作記録を残して
     おくような使い方にも良いメディア。

 3.ツイッター
   ・ リアルタイムの「チャット」ですな。参加して、学生時代、朝まで
     ローカルとラグチュした感覚がよみがえった。モバイルから「いま○○」
     と居場所を伝えてくる方もいる。
   ・ 今の瞬間を伝えたい場合に適しているメディア。

Twi1

 「Twitterにハマるとブログの更新が滞るよ」と言われ、実際にそうなっている局も多数いらっしゃいますが、私の場合、100%Twitterにハマることはなさそうです。

あと、気をつけなければならないのは、無線で喋ったことは消えてしまうが、TwitterでつぶやいたことはGoogleなどを見ると、単語などをキーにネット上に残っていることが多い。つい、夢中になって「よからぬこと」をつぶやくと後で「しまった」となりうる危険性を持っていそうだ。

「アマチュア無線」で使うと「どこで○○が出ているよ」とか「これからCQ出すのでそこまで飛ぶか聞いて」「パワーを絞っていくからどこまで聞こえる・・・」などの情報交換・・・これは面白く夢中になります。現に、今日のコンテスト終了後、50MHzでSVが入っているよと情報が入ったので、ワッチ。SVは聞こえなかったが、OH7PIをGetすることができたのでした。

私をフォローしていただいている方、よろしくお願いします。

|

« 手抜き料理 | トップページ | 土用の丑の日 「うなぎ」の食べ方 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。フォローありがとうございます。
ツイッターにハマりブログの更新をしてませんJF1DIRです(苦笑)。
DRIさんのツイートを楽しみにしてますよ。いつもいろいろ情報ありがとうございます!
ぼくはいろんなジャンルの人をフォローしているので、タイムラインが時間帯でくるくる変化します。そのへんが他のネットメディアとは違って非常に面白いと思います。
では、ツイッターでまたお会いしましょうw

投稿: JF1DIR | 2010年7月 5日 (月) 00時52分

JF1DIRさん、こんばんは。書き込みありがとうございます。
確かに、いろんな方と人脈を得るにはツイッターは良いツールですね。ただ、どんどん流れていくので、スピードに付いていけないと感じることもしばしば。
適材適所ってことで、使い分けたいと思っています。

投稿: JF3DRI | 2010年7月 5日 (月) 20時31分

こんにちは。@JG3JLC です。
「フォロー中」アイコンに私のも入っています。TNX
くだらないコトばっかりつぶやいていますが、おつきあいよろしくおねがいします。
ワッチしながらのリアルタイムやりとり、ほんとにおもしろいですね。

投稿: JG3JLC/NN1X にしむら | 2010年7月 6日 (火) 09時28分

JG3JLC西村さん、こんぱんは。
みなさん、「いつでもどこでも」って感じで、ツイッターが生活の一部になってしまっているようですね。
先般の6D終了後に50MHzで開けたSMは、こちらではたった10秒間だけSが振っただけだったし、OHはクラスターに上がったとたん、パイルになりました。という訳で、こういった50MHz DXの情報提供に威力を発揮しそうです。

投稿: JF3DRI | 2010年7月 6日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/48797850

この記事へのトラックバック一覧です: Twitter雑感:

« 手抜き料理 | トップページ | 土用の丑の日 「うなぎ」の食べ方 »