« 136kHz QRSS画像受信成功 | トップページ | なぜ、耳で聞こえない! »

2010年6月27日 (日)

Mini-Whipをタワー中腹へ設営

Mini_03

136kHz受信用のミニホイップ(Mini-Whip)アンテナを暑いさなか、タワー中腹まで持ち上げてみました。
 すべて手持ちのありあわせの材料です。

結果は
  JJY         60kHz    599+10dB
  ロラン C  100kHz    +30dB
 NDB伊丹 211kHz  599+30dB

とレベルが上がったもののノイズレベルも上がったので、さてどうなのか・・・。(IC-760PROにて受信)


Mini_01

雨樋の「はしくれ」があったので活用することに。フタは何かないかいなと探したところ 「瓶入りジャムのフタ」 がぴったし。


Mini_02

 また、ちょうど曲がった塩ビパイプが有ったので、内側からタッピンビスにて留めた。ミニホイップ本体は、プチプチを巻いて詰め込んだだけ・・・。トラブルあっても簡単に降ろせるし。ケーブルは、TV用の75Ω系での余分にあったもの。


Mini_04

 取り付け完了。の図。フニャフニャするけど、仮ってことで。

とりあえず受信してみたところ、大出力AM放送によるクロモジは発生していないようですが、相変わらずノイジーです。ちなみに、AM放送も受信でき、NHK第2放送(500kW)に至っては、Sが+60dB以上振り切れてしまうほど高感度。


|

« 136kHz QRSS画像受信成功 | トップページ | なぜ、耳で聞こえない! »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/48735911

この記事へのトラックバック一覧です: Mini-Whipをタワー中腹へ設営:

« 136kHz QRSS画像受信成功 | トップページ | なぜ、耳で聞こえない! »