« こんなものに火をいれてみた | トップページ | 自宅でミーティング »

2010年5月 8日 (土)

締まらないM型コネクター

M_cone1

 秋月電子で購入したM型コネクターや変換コネクター、場合によっては、最後までちゃんと締まらない不具合があり、調べてみました。
 原因は「インチ」と「メートル」のようで、規格が統一されておらず、表示もなく注意が必要です。
 長いこと、ムセンやっていますが、Mコネ規格がええかげんである事に、今頃気がついた次第であります。


上の3つ、ピカピカのんが、秋月で購入したもの。下のくすんでいるのが、一般のパーツ販売店で購入したもの。


<中継コネクター>

M_cone3

おかしいと気がついたのは、中継コネクターに接続した時でした。従来のは、このように最後までネジを締めることが出来るのに・・・・


M_cone2

秋月で購入した安いコネクターは、この通りネジのピッチか山の高さが異なるため、最後まで入りません。当然、中心導体もガタガタ。これでは接触不良となりあきません。


<LPF シンワ編>

M_cone4

シンワのLPFでやってみました。コネクターは、M-R丸型で、最後にネジの無い部分がある形状。


M_cone5


秋月のは最後まで入らなくて、NGです。

<LPF コメット編>

M_cone7

こんどは、コメットのCF-50MR。こちらは、おなじM-R丸型でもネジの部分が短い。


M_cone8_2


ネジ部が短いせいで、ピッチは合っていないが、最後まで締め付けOK。

<LPF ベンチャー編>

M_cone9

 じゃ、舶来のLPFベンチャーYA-1だったらどうなんか。
コネクタは、外観からしても明からに異なるインチ系であるのが解る。


M_cone10


少しピッチがあわず、ガタがあるけど、両方ともOK。この段階で、秋月のは「インチ系」であることを悟った。

<無線機編>

M_cone6


すべての無線機を試してみたけど、両方共、ガタはあるが締め付けOKであることを確認した。

結論として・・・

・インチ系のメスにメートル系のオスはガタはあるものの最後まで入る。
・市販無線機のMコネクターは「インチ系」、若しくは両方使える設計。

という訳で、秋月のMコネクターは、リグに直結する場合は問題ないが、途中にSWR計やLPFなどを入れる場合は要注意です。アンテナ側のコネクターは未確認ですが・・・。

※N型も、こういうのあるのかしら・・・。無いよね。プロ規格だもん。

|

« こんなものに火をいれてみた | トップページ | 自宅でミーティング »

アマチュア無線」カテゴリの記事

電子部品」カテゴリの記事

コメント

MFJとか、W製の製品を買うとはまらないものがありますね。はまる時もあるので、ホンマええ加減です。

投稿: jp3pzd | 2010年5月10日 (月) 00時59分

>> ※N型も、こういうのあるのかしら・・・。
N型は、もともとインチが規格です。
秋月のコネクタの外側を、Nのメスにいれてみるとよくわかると思います。

当局も秋月Mをいっぱい買って活用しています。
M16P1.0のタップで、2重にネジを切って使っています。

投稿: JJ7WPW | 2010年5月10日 (月) 02時27分

法澤さん、インチ系へはとりあえず入ったのですが、何回も取替えしていたら、ネジ山がダメになってしまいそうです。
また、この事を問題視しているメーカーや個人は結構少ないようです。

JJ7WPWさん、書き込みありがとうございます。
ネットでいろいろと調べてみましたが、Mコネのネジ規格をちゃんと図面表示しているのは「ヒロセ電機」ぐらいで、M16x1と表示されてました。他のメーカー、東洋コネクターなんかは、表示がありません。アマチュアしか使わないから適当なんでしょうか。

N型を調べてみると、規格は5/8-24ユニファイ細目ネジで、確かにインチ系で統一されていました。

投稿: JF3DRI | 2010年5月10日 (月) 22時08分

 実は我が家にいくつかMP-MJなる変換コネクタがありまして、何じゃこりゃと調べてみたらそういうことでした。幸いどれもこれも普通にねじ込めますので、まだ登場に至っていませんが。(低いバンドなので100W以下のところは横着してBNCで統一してるというのもありまして)

投稿: JI3KDH | 2010年5月11日 (火) 06時16分

こんにちは 我々が言うMコネとUSのものは厳密には異なります。USのものは通称UHFコネと呼ばれPL259(プラグ側)SO239(ソケット側)径5/8インチ、インチあたりのピッチ24です。規格は違いますがM16x1に近いのでほとんど問題なく勘合します。反面品質が良すぎると深く勘合しません。元々はビデオ系のもので第二次大戦ころにはあったらしいので先方がオリジナルではないでしょうか?彼らにMコネと言っても通じず、これはUHFだといい張ります!その昔仕事がらみで覚えました。UHFは単なる名称でUHFまで使えないのはご存じの通りです。

投稿: JA2HVW水島 | 2010年5月12日 (水) 09時31分

JA2HVW水島さん
どうもお久しぶりに書き込みありがとうございます。水島さんのコメントで、Mコネに関する全ての疑惑がきれいさっぱり晴れて、スッキリです。さすがはOM!!
「M connector」で海外のサイトを検索しましたが、一切出てこないため、おかしいと思っていたところ、「UHF connector」で検索すると、製造メーカーやらいろいろと発見。コネクター大手のAmphenolでもこの名称を使ってました。英語版のウィキペディアにもあり、The thread is usually 5/8 inch 24tpi UNEF standard, however, UHF connectors with a similar, metric, thread have been produced.と書かれています。

また、Mとの違いについて、別モデルとして製造しているコネクターメーカー(小峰無線)も発見。カタログには「接触部のネジが異なっていますので、相互に接続できません」と記載があります。

なぜ、UHF connectorなのか・・・300MHz以下までなので「UHFでは使えないから」がどうやら理由のようですね

投稿: JF3DRI | 2010年5月12日 (水) 21時06分

初めまして
1年以上前の記事を見て納得しました!
25年間QRTしていましたが、今年再開局して秋月のMコネ使っていました(40個以上買っています)
たまに合わないのでピッチがおかしいとは思っていましたところ偶然この記事を見つけて納得しました!
よっぽどの場合は奥側の山を削ればいいやと思っていました
モービルに使っている部分は振動で緩んできますわ、やはりネジのかかりが悪いからでしょうね!

投稿: JF3USK | 2011年8月28日 (日) 19時29分

JF3USKさん
書き込みありがとうございます。精度の良い高級品がダメなので困ったもんです。秋月のもの、中継コネクターとかすっぽ抜ける不良品も多いですけどね。

投稿: JF3DRI | 2011年8月28日 (日) 20時49分

私の知る限り、TRIOのTS-520やYAESUのFT-101の時代から無線機に使用されているコネクタはインチの仕様となっておりますので、UHFコネクタが使用されている様です、然し周辺機器のメーカー等ではM型コネクタを使用している為に互換性で問題が生じる場合があるようですね、無線機の場合には輸出する事を想定しての設計なのでしょうかね。

投稿: JA2VNF | 2012年6月 5日 (火) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/48308445

この記事へのトラックバック一覧です: 締まらないM型コネクター:

« こんなものに火をいれてみた | トップページ | 自宅でミーティング »