« 電力分配・合成回路 | トップページ | リンゴの皮むき »

2010年5月 4日 (火)

筑前煮

例のタケノコをまた戴いたので、市販のパックを使わずに材料のみから「筑前煮」に挑戦!ちょっと手ごわかったですが、なんとか美味しくできあがった。

Chikuzen1

「ゴボウ」の処理がわからず、悩んだ。ある本には、一度茹でてからとか書いてあったのですが、切ったあとで、水に晒すことでアク抜きOKだった。
 食材は、この他、レンコンとタケノコ。


Chikuzen2_2

・鶏肉は、醤油とみりんを絡ませ、先に炒める感じで、下ごしらえしておく。
・その後で、水を加え、具を入れ粉末だし、更にみりん、料理酒、薄口醤油、砂糖を加えて味を調えていく。
・水は入れすぎないように。出来上がるときに少し残っている感じがメドかな。


Chikuzen3

なんとか美味しく味が付いた。コボウの皮剥きから初めて1時間程度も時間が掛かってしまった。こんにゃくは、色が黒いものを使う方が彩りがよさそう。

1日置いたら、更に美味しくなった。今回は、うまく出来上がったけど、もう一度作るとなると、うまく作ることができるかどうか、自信がない。なんせ、調味料は全て「適当・勘」なんで。

|

« 電力分配・合成回路 | トップページ | リンゴの皮むき »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/48268310

この記事へのトラックバック一覧です: 筑前煮:

« 電力分配・合成回路 | トップページ | リンゴの皮むき »