« TS-820のレストアNo.2(球の交換6146W) | トップページ | ニンニクの芽のオイスターソース炒め »

2010年4月25日 (日)

使い道無いけど

2c39_2 2C39/7289という、セラミック管で ムセン家からも、オーディオ屋さんからも「用なし、ネコマダキ」状態にあるタマ。
形状からして2,500MHzと高い周波数まで使えるのですが、キャビティとか機構的な部品が大変となる。別名3CX100A5というからに、プレート損失は100Wもあるのですが、500MHzのC級動作例を見ても40Wしか出ない。

このタマを初めて知ったのは、1200MHz帯がまだ出力電力1Wしか許容されない時代に、マキ電機のトランスバーターに、この2C39を用いたキャビティーアンプで、10W出していたローカルのOMからでした。あの頃は、1200MHzで使え、簡単に入手できるタマは、コレしか無かったので、良く使われたようですが・・・。

タマとしては利用価値が無いので、カチ割って、放熱フィンの部分を取り出し、更に加工することで3-500zのプレートキャップに用いられているそうな。

|

« TS-820のレストアNo.2(球の交換6146W) | トップページ | ニンニクの芽のオイスターソース炒め »

真空管」カテゴリの記事

コメント

 これのガラス封じのがどこかに転がってたはず…灯して遊んでみますか? いや、もうほかしたかなぁ

投稿: JI3KDH | 2010年4月27日 (火) 20時00分

ヒーターに6Vを供給して、点灯させてみましたが、熱くはなってきたものの、セラミックのためか全く見ることはできませんでした。ガラス封じのもあったのですね、だったら見えるのかしら。ライトハウスというのもあるぐらいだから・・。

「ネコマタギ」ですが、こいつのでかいやつが「GS35B」と考えればおろそかにできない。

投稿: JF3DRI | 2010年4月28日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/48182255

この記事へのトラックバック一覧です: 使い道無いけど:

« TS-820のレストアNo.2(球の交換6146W) | トップページ | ニンニクの芽のオイスターソース炒め »