« 寝る前に少しだけ | トップページ | 豚肉のしょうが焼き »

2010年2月26日 (金)

壮絶死した電源の修理(その3)修理完了!

Ps560_20_4

パワートランジスターを全部交換すべく、部品収集し大幅な改造を行うことで一通り修理が完了しました。

13.8V , DC 20A を流してみましたが、電圧は 0.01V の変動に収まっており、まずまずの性能です。


<パワートランジスターの調達>

Ps560_21

 当初は、秋月で販売されている 2SC5200 (IC=15A, PC=150W) を複数本使う予定だったのですが、この石は、TO3PL というパッケージをしており、TO3Pより大きく、もともと付いていた2SD845 (MT-200パッケージ) の2つの穴に2個取り付けることができません。
 そこで、PCが大きく、かつ安価なTO3Pを探したところ、同じ秋月2SC5198 (IC=10A, PC=100W) というのが2本で250円と安価であることに目が留まり、この石を12本購入しました。

<取替え工事開始>
Ps560_22
そうそう、もう一つの理由は、TO3PL の放熱シート(マイカ板やラバーシート)が入手できなかったこともあります。TO3Pは同じ秋月で販売されており、ラバーシートを購入しました。
 12本取り付けることができますが、そこまでは過剰?と思い、10本に留めました。かなり壮観であります。

(全部でPC=1000Wだ!)


Ps560_23

 配線が終了したところ。当初は、付いてあったプリント基板を流用する予定だったのですが、寸法的に使うことができず、みこどな空中配線とあいなりました。


Ps560_26

 とりあえず、動作することを確認の上、負荷を加えていきサーマルスイッチ回路 (サーミスタとOPアンプでリレーをON/OFFするもの) のテストで、ファンが回ることを確認しようと思ったのですが、放熱板が手で触れないぐらいの温度になっても、一向にファンが回転しません。


Ps560_24

 そこで、結局は手持ちのサーマルスイッチとリレーで、ACファンをON/OFFする回路を組み入れました。
 これは確実に動作してくれます。クマトリモータなので、ファンも静かです。


Ps560_25

 最後に交換した部品。石はまだ生きています。

でっかい陸軍ターミナルも手持ちが無かったので、少し小さいものに交換しました。

|

« 寝る前に少しだけ | トップページ | 豚肉のしょうが焼き »

安定化電源」カテゴリの記事

コメント

自分もひさびさび、コテ握ってます。あなたの記事を見て。
daiwa ps-560w2の修理に取り掛かりました。なんとか今は動いてます。電源機ばかり、趣味で集め修理などして楽しんでます。参考になりまた

投稿: yosimi | 2010年9月 5日 (日) 19時47分

書き込みありがとうございます。
修理のご参考となり、光栄です。トランス式の安定化電源は、トランスがNGでない限り大改造となっても動作させることは可能ですね。

※コメント先を変更いたしました。

投稿: JF3DRI | 2010年9月 5日 (日) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/47669924

この記事へのトラックバック一覧です: 壮絶死した電源の修理(その3)修理完了!:

« 寝る前に少しだけ | トップページ | 豚肉のしょうが焼き »