« 運動会 | トップページ | タワー上での作業(その1) »

2009年10月 5日 (月)

アンテナトラブル続出!

ローテーターメンテのためにタワーに登ったところいろんな不具合にでくあしています。20年以上にもなるんで、仕方ありませんが・・・・

<マストベアリング>
Ant1  タワートップに取り付けてあるマストベアリング。マスト固定用の4本のボルトがどうしても取り外すことができません


Ant2  ステンレスボルトと亜鉛(アルミかも)ダイキャスト。この相性は最悪なようで、電蝕を起こしてしまい、固着してしまっているのです。ハンマーで叩いてなんとか緩めることができましたが、少し回った後、更に固着して取り外すことができません。CRC556を掛けて、1日置いても全くダメ。無理に回すと、ねじ切ってしまうのは目に見えています。足場の悪いタワー上で、ハンマーを使ったり、渾身の力を込めたりで、疲れ果てました。

この組み合わせに限らず、ステンレスは電蝕を起こしやすいです。加工しようすると、硬くなって脆くなるし錆びないステンレス製」と言えば聞こえが良いですが、ワタシは嫌いな材料です。(適材適所がありますが)

結局、緩みはしたものの、ここのベアリングもグリスアップが必要なようで、ゴロゴロガリガリと音が鳴るため、分解が必要・・・結局は交換するのが得策となりました

Ant3 緩めることができたので、マストを少し下に降ろして、とりあえず台風来襲対策としてローターのクランプを用いて固定しておきました。


<TA-33給電エレメント>
Ant4  これは、前からわかっていたのですが、TA-33のドリブンエレメントの絶縁保持が当初から無く、材木で応急処置していたものなのですが、これでは破壊するのも時間のうちなんで、このエレメントのみ、取り外しました。何か代用となるものを考えなくてはなりません。30年以上にもなるアンテナなんですが、HFトライバンダーは高価だし、パイルアップに参加する訳でもなしなんで、修理しようと考えています。

Ant5  給電エレメントの無い、まぬけなTA-33とタワー全景。

マストベアリング交換するには、全てのアンテナを降ろす必要有り。大変な作業となりますが、日を改めて工事をすることと決断しました。

※運動会の後にやったので、もうくったくた。タワー作業は普段使っていない筋肉を使うんで、むっちゃ疲れるのと筋肉痛の嵐に襲われるんですよね~。

|

« 運動会 | トップページ | タワー上での作業(その1) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

アンテナ、タワー」カテゴリの記事

コメント

TA-33のインシュレータは今でもナガラで入手できると思うのですが。

投稿: jf3lop | 2009年10月 5日 (月) 00時06分

プロの仕事(例えばFTI)とか見ていると、SUSのボルトには必ず、モリブデングリス?を塗ってから締めているようです。

投稿: ブログ読者 | 2009年10月 5日 (月) 07時32分

北村さん
ナガラのWebを見たところ、パーツとして販売されていますね。TA-33じゃなく、旭精工のAS-33だけどたぶん同じもののようです。

ブログ読者さま
なるほどね。導電性コンパウンド(ペナトロックス)なんかも良いかも。しかし、ここまで強固に固着してしまうと、なすすべがありません。

ちなみに、このマストベアリング、記憶から飛んでいるのですがエモトアンテナ製の303型のようです。

投稿: JF3DRI | 2009年10月 5日 (月) 20時43分

高所作業お疲れさまです。
ウチもSUSボルトだらけ。実家は海からの直線距離は3km前後。安物のメッキボルトは数年経てば錆びてしまいます。やむなくSUSを使っているところが多いのですが、こういうのを見たらやっぱり気になります。電蝕の状態を見にあがろうかな。

投稿: jo3jye/3 | 2009年10月 5日 (月) 22時22分

Uボルトやワイヤクリップ、ターンバックルなどの小物はステンレス製だと確かに半永久的に使え、最適なんですが・・・。
タワーやボルトは、鋼材に亜鉛ドブ付けメッキがこのようなことが起こりにくく、安価で長持ちです。
今は無きTET(タニグチエンジニアリングトレイダース)のアンテナは、金具に赤サビが出る、アルミの材質が悪い、樹脂はボロボロと耐久力が無く、最悪でしたけど。

#ところで台風直撃の予想が高まってきましたね。どうすることもできません。直撃だと、SS-96はマストクランプのところで箸を折るようにポキリ、吊り下げロープでぶらぶらになる壊れ方します。

投稿: JF3DRI | 2009年10月 6日 (火) 22時26分

台風は大丈夫でしたか?

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2009年10月 8日 (木) 17時55分

まだ強風が吹き荒れる早朝、クルマで会社に出勤する前に実家のアンテナの様子を見に行き、大丈夫であることを確認しました。予想より風速が小さかったようです。
「壊れたらそれまで」と言い聞かしていたのですが、やはり心配と風の音で、殆ど眠れませんでした。

投稿: JF3DRI | 2009年10月 8日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137948/46396783

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナトラブル続出!:

« 運動会 | トップページ | タワー上での作業(その1) »